「千本桜はAKBの曲」ツイートが大炎上 AKBとボカロ、ファン因縁の大ゲンカ

印刷

   これまで度々喧嘩を繰り広げてきたAKB48のファンと、音声合成ソフト「VOCALOID(ボカロ)」ファンの間で、またしてもバトルがぼっ発した。

   ボカロの曲を「これはAKBの曲だ」とツイートした人がいて、ボカロファンが猛反発、ツイッターで激しく火花を散らす事態となっている。

「勝手にボカロの曲にされてる…日テレに苦情の電話入れる」

炎上の発端となったツイート
炎上の発端となったツイート

   事の発端となったのは、2013年8月20日、情報番組「ZIP!」(日本テレビ)で放送されたボカロについての特集だ。

   若者の間でボカロの曲をカラオケで歌うことが流行っているという内容で、ボカロの人気曲「千本桜」も紹介された。

   これを見たあるツイッターユーザーが、「なにこれ・・・。千本桜はAKBの歌なのに、勝手にボカロの曲にされてる・・・。日本テレビに苦情の電話いれる。#応援してくれる人RT」とツイート。すると、即座にボカロファンから「ボカロの曲であってますけど?AKBの曲じゃありませんよ?w」「ボカロの曲でしょ(笑)」など突っ込みが入った。「千本桜」はAKBの石田晴香さん、市川美織さんがミュージカルで歌ったことはあるが、ボカロで作曲している「黒うさP」さんが作詞作曲し、初音ミクに歌わせているもので、ボカロファンの主張は正しい。

   しかし、最初にツイートしたユーザーは「AKBの歌です。AKBを馬鹿にしないでください。」「千本桜を有名にしたのはAKBなので、それはもうAKBの歌ってことでいいかと」「元はAKBの歌です。秋元康さんが作ったんですよ!」など荒唐無稽な主張を展開した。

   熱狂的ボカロファンの間でこれらのツイートはどんどん広まっていき、「お前きも ボカロが先だから」「バカジャネーノwwwボカロの曲だお この無知が。もっと調べてから発言しろ馬鹿」「お前みたいな発言をする勘違い野郎が居るからAKBファンは嫌われるんだよ」など批判のリプライが大量に寄せられ、炎上状態となった。

AKBファンではなかった?「釣って遊んでただけ」

   なお、このユーザーはフォロワーとのやり取りで「ネットで釣って遊んでただけ」「一本釣り漁法」などとツイートしている。AKBファンでも、「千本桜はAKBの曲」と思っているのでもなく、ただボカロファンを怒らせて楽しんでいただけかもしれない。8月21日になってからは千本桜への興味が失せたようで、主に高校野球に関するツイートを投稿している。

   しかしボカロファンからの攻撃は全くおさまらず、問題のツイートから約32時間経過した21日17時を回っても「さっさと謝罪しろよ」「こいつ勘違いを拗らせすぎ」といったリプライが寄せられ、「みんなのスパブロ(スパム報告とブロック)で凍結させよう!」(編注:スパム報告とブロックを大量に受けたアカウントは凍結されてしまう)と呼びかける人も現れている。

   今回はAKBファンではなかったが、千本桜をめぐるAKBファンとボカロファンの戦いはこれまでにも起こっていた。

   13年1月、「千本桜」をもとにしたミュージカル「千本桜」で初音ミク役をAKBの石田晴香さんが務めると発表された際、石田さんのツイッターアカウントあてに「AKBごときがミク演じるな」「めちゃくちゃなことしないで」など罵倒が寄せられたほか、「#AKBが千本桜歌うと思うとゾッとする人RT」というハッシュタグまで作られた。AKBファンはボカロファンに対し「文句があるなら直接事務所に電話したら」「お前にAKBとそのメンバーを叩く資格は無い」などとツイートし、応戦していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中