藤圭子さん死去…飛び降り自殺か? 田原総一朗氏「明るく元気な人でした」

印刷

   「圭子の夢は夜ひらく」などで知られ、宇多田ヒカルさんの母親でもある歌手の藤圭子さん(62)が2013年8月22日朝、東京・西新宿のマンションの敷地内で死亡しているのが見つかった。飛び降り自殺と見られている。

   藤さんは1969年、「新宿の女」でデビュー。1970年に「圭子の夢は夜ひらく」が大ヒットし、一世を風靡した。その歌声は「怨歌」と作家・五木寛之さんから評された。近年は海外で生活していると報じられていた。

ツイッターでも驚愕の声あふれる

   ネット上でもその活躍時代を知る人のみならず、「宇多田ヒカルの母」のイメージが強い若い世代からも驚愕の声が相次いだ。

「藤圭子さん自殺ってマジか・・・」
「えっ!!!マジで」
「ショック。好きな歌手だったのに。ご冥福を祈ります」

   著名人では、ミュージシャンのつんくさんが「かなりショッキングです。驚いています」とつぶやいているほか、参院議員の三原じゅん子さんも、「悲しいニュースが飛び込んできました。宇多田ヒカルさんもショックでしょう」とブログを更新した。ジャーナリストの田原総一朗さんもツイッターで、

「びっくりしました。40年近く前に藤圭子さんにインタビューしました。とても明るく元気で、思った事をズバズバ言うでした」

と追悼の辞を述べている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中