20歳の新星イギリス歌姫が話題 デビュー曲は再生5万回以上にも

印刷
ガガを抑えて1位に
ガガを抑えて1位に

   イギリスの若手シンガーソングライター、ガブリエル・アプリンさん(20)が日本でも紹介され、その透明感ある歌声にはまるとネット上で話題だ。

   ガブリエル・アプリンさんが注目されたのは、ユーチューブがきっかけだ。15歳のときにピアノ弾き語りを披露してから次々に動画を投稿し、19歳のときに出した「Home」は世界で500万回以上が再生される人気になった。

   そして、英百貨店「ジョン・ルイス」のCMに使われたカバー曲「The Power of Love」が、2012年12月15日付英シングルチャートで1位になって、一躍ブレイクした。続いて、13年5月に出したデビュー・アルバム「English Rain」が英アルバムチャートで初登場2位となって、歌姫の座を確立した。

   日本でも、ユーチューブ動画を見た人から口コミで人気が出た。

   テレビ番組でも紹介され、日テレ系の情報番組「スッキリ!!」では7月9日、生出演してその歌声を披露した。ユーチューブで7月15日に公開された日本でのデビュー曲「Panic Cord」は、これまでに5万回以上も再生されている。コメント欄を見ると、「癒される、美しい歌声?」「これはツボだー!」といった声が寄せられていた。デビュー曲は、8月に入って、ビルボード日本版の洋楽チャートで1位になり、レディー・ガガさんの新曲さえ抑えた。

   アプリンさんはこの月、デビュー・アルバムも日本で発売し、再来日してロック音楽祭「サマーソニック」に出演した。東京では、ライブ公演もこなしている。日本ツアーを行うことも決まり、12月3日に東京、翌4日に大阪で公演を予定している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中