「私は冷蔵庫に入りません」違反すれば賠償金も 店側が誓約書で「バカッター」対策に乗り出した

印刷

   冷蔵庫に入る、ハンディスキャナで股間をスキャンする、ピザ生地を顔に貼りつける――相次ぐ従業員らによるツイッターへのバカ写真投稿騒ぎを受け、ついに店側も本格的な対策に乗り出したようだ。

「バイト先で『私は冷蔵庫に入りません』みたいな誓約書かかされて死ぬほど笑いこらえながら書いた」

   こんな、SNSの利用について誓約書を書かされたとの報告が相次いでいるのだ。

「どこまでも追いかけるし、その費用を含め賠償金を請求する」

   冒頭のツイートは一般のユーザーにより2013年8月28日に書き込まれた。このユーザーによると、勤務先の店舗は壁に「バカッター」騒ぎの記事を多数張り出して従業員へ注意喚起をおこなうなど、対策にかなり心を砕いているようだ。

   こうした対応はさまざまな店でおこなわれているようで、同日前後から「私も書かされましたよwwwww」「弟がバイト先で『冷蔵庫に入りません』って紙にサインさせられたらしー」「僕も冷蔵庫入りませんって署名書かされた」「うちの職場も誓約書書かされたわ」「俺も誓約書書かされたwwww」と複数のユーザーから書き込みがされている。

   さらに、「そもそも『店とか客の事はSNSに書き込み禁止』って誓約書にサインさせられると思うんだが・・・。こんなん高校でバイトしてた時からあったよ」「知り合いの所は数年前からバイトに社内の内情ネットに書いたらどこまでも追いかけるし、その費用を含め賠償金を請求するぞって誓約書書かせられてたよ」と以前から誓約書を書かせる企業は存在したという指摘や、さらに踏み込んだ対応の報告などもある。

「誓約書作った側もゲンナリだったろうよこれはwww」

   「そこまでの状態になってるのか」――ネット上にはこう半信半疑で驚く人も多いが、2013年8月29日放送のスッキリ!!(日テレ系)は、実際に誓約書を書かされたという女性に取材していた。それによると女性はラーメンチェーン・来来亭で働いており、8月上旬に店長から誓約書に目を通し、サインと捺印をするよう言われた。そして、「こんなことするわけないじゃないか、とみんなで笑いながらサインしました」という。

   誓約書の内容は、最近ツイッターなどで出回っているような画像をアップロードしないようにというもので、やった場合は賠償金を請求するともあった。来来亭も事実を認め「トラブルを未然に防ぐため、全社員・アルバイトに書かせた」とスッキリ!!の取材に対して話していた。ツイッター上でも来来亭のアルバイトと見られるアカウントが番組を受け、「自分もサインした」と発言している。

   こうしたバカッター対策に、ネットユーザーらは「こんな当たり前のことすら誓約書書かないといけないなんて正直驚愕している・・」「これが必要な世の中ってのもなぁ」「なんかもう世も末」と呆れかえったり、「馬鹿な行為をする人がいるせいでこんな誓約書書かないないといけないとか企業も大変だな」「これ、笑い話にしか見えないけど、でも実際にやる人がいるから、仕方がないことなのかも......」「誓約書作った側もゲンナリだったろうよこれはwww」と頭を抱える企業に同情したり。

   また、「誓約書を書かされる←わかる 誓約書の内容をTwitterでつぶやく←やってることバカどもと一緒じゃねぇか」「これ書いた事をツイートするのは守秘義務違反とかには成らないの??」「笑ってる場合ではない。『自分は大丈夫』で終わらせず、バイト同士で確認し合うくらいの謙虚さや危機感が必要では?」と、「誓約書を書かされた」とツイッターで冗談めかしてつぶやくこと自体に批判的な向きも出ていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中