サッカー韓国代表「暴力」におとがめなし イランの「挑発行為」だけ処分の不可思議

印刷

   サッカー韓国代表が、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会のアジア最終予選、イラン戦でもめにもめたのは記憶に新しい。監督同士の舌戦に端を発し、試合終了後は勝利したイラン側が韓国ベンチを「挑発」、怒った韓国スタッフがイランの選手を殴打したような映像まで流れた。

   双方ともに国際サッカー連盟(FIFA)に相手を提訴。ところがペナルティーが与えられたのはイランだけだったという。

イラン監督の「挑発行為」には警告処分

イランの英字サイトが掲載した写真を見ると、殴打は事実のようだが…
イランの英字サイトが掲載した写真を見ると、殴打は事実のようだが…

   問題の試合は2013年6月18日、韓国・蔚山で行われた。対戦前から「中傷合戦」が起きるなど荒れ気味だったが、結果は1-0でイランが勝利。するとイランのケイロス監督が韓国ベンチに向かって「ガッツポーズ」を見せ、選手もピッチ上をウイニングランしながら相手側を挑発するような動きを見せた。イラン選手が走り寄ってきたところ、韓国のふたりのスタッフが殴りつけた――。やや不鮮明な映像を見ると、ひとりがひじのあたりをぶつけ、衝撃でふらついたイラン選手の顔面にもうひとりが「左ストレート」を叩きこんでいるようだ。

   イランサッカー協会は事態を重く見て、FIFAに提訴。試合後のピッチに、地元で敗れて怒り心頭の韓国サポーターからガラス瓶などが投げ付けられ、イラン選手が危険な目にさらされたことも提訴の理由だった。一方の韓国側も、ケイロス監督の態度を問題視して、FIFAに抗議文を送ったという。

   FIFAの裁定は、韓国側有利に下ったようだ。イランの英文サッカー情報サイト「ペルシアンリーグ・ドット・コム」は9月1日、FIFA規律委員会がイランのゴールキーパーに対して、後半開始時にピッチに遅れて入ってきたことに罰金を科すと決定。ケイロス監督も、韓国ベンチにこぶしを突きだして勝利を誇示したとして警告を出したという。

   ところが、イラン側の訴えは何も認められなかったそうだ。「暴力行為」に関するおとがめはなし。試合後に観客席から「何百本もの瓶が投げ込まれた」件も不問に付されたという。このサイトが掲載した写真では、韓国スタッフがイランの選手を左手で殴りつけているような様子がよく分かる。「FIFAはイランにとって納得できない裁定を下した」と、記者は不満タラタラだ。

   サッカージャーナリストで「フットボールレフェリージャーナル」を運営する石井紘人氏も、「報道が事実なら、イランの挑発行為に罰を与えながら韓国の報復行為には何もなし、というのは違和感があります」と首をひねる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中