神戸の大学生、公衆電話ボックス内で花火大会  ツイッター上の画像公開で批判が集まる

印刷

   学生がインターネット上で度を越した悪ふざけを報告する事例が後をたたないが、2013年9月5日には新たな迷惑行為が発覚した。神戸の大学生たちが、夜の電話ボックスの中で花火をしている画像をツイッター上で公開した。

「今年は○○と××くんが焼かれました」

   問題の画像は、「半端ない・・・今年は○○と××くんが焼かれました in 電話BOX 女の子に生まれて良かった...」というコメントとともにアップされた。暗闇の中に佇む電話ボックスからは強い光が放たれ、中には2つの人影が確認できる。1人は手に花火を持っているようで、電話本体と台を足場にして立っている。もう1人はドアを開けて出てきており、その姿勢の崩れから慌てて逃げ出しているように見える。

   ツイート主は「もはや戦場や、□□と△△にゃんと避難 怖すぎ」「花火怖すぎて遠ざかっていってるまじこわい」と続けた。いずれのツイートも現在は削除されているが、インターネット上ではすぐに話題となった(ツイート内の記号は編集部による)。

   「完全に器物損壊罪」「誰も貴重な公衆電話が…と思わないんだな」「器物損壊と放火未遂でだれでもこのバカを刑事告発できるぞw」「コレが今の大学生なのか?中学生かと思った。やる事が年々、幼くなるね」など、あきれ声も含め批判コメントが溢れた。仮に電話機などが壊れたり、焦げ付いたりした場合は刑法上の罪に問われる可能性もあるとみられる。

恐怖心からツイート 大学側「本人も反省している」

   ツイートしていた女性は、すでに本名や過去の写真などが特定されているほか、神戸女学院大学(兵庫県西宮市)の学生だということも判明した。

   同大学の学生生活支援センターに取材すると、ツイートした女性は同大学の学生であると認めた。取材に応じた担当者は9月6日朝に一般からの問い合わせメールで迷惑行為について把握したそうで、現在、学生本人から事情を聞いている段階だという。

   担当者によると、女子学生は他大学生も参加する非公式の音楽系インターカレッジサークルに所属しており、花火画像は同サークルの合宿時に撮影されたもの。ツイートした本当の意図については分からないものの、担当者は「本人は『かかわっていない』と話しています。花火をみて『こわい』という気持ちからツイッター上に載せてしまったようですが、お騒がせすることになってしまい、今は本人も反省しています」と説明した。

   現在、詳しい事実関係の調査を進めているが、学生の処分については「現時点では考えていない」という。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中