宮崎駿監督の「憲法9条」「従軍慰安婦」発言 鈴木プロデューサーへの脅迫がきっかけ

印刷

   スタジオジブリの宮崎駿監督(72)の引退記者会見で、「慰安婦問題で日本は謝罪して賠償すべきだ」などとインタビュー記事で発言したことに関する「真相」を語った。

   ジブリの鈴木敏夫プロデューサー(65)が新聞のインタビューで「憲法九条」改正問題について発言したところ、ネットで脅迫が届くようになったため、自分も同様のことを発言して脅迫者の注意をそらし鈴木プロデューサーを守ろうと考えたのだというのだ。

憲法第9条などを変えることには反対だ、と訴える

   ネットで大バッシングに発展したのはスタジオジブリが2013年7月10日から全国の書店で配布した無料の小冊子「熱風」7月号の「憲法改正」特集。宮崎駿監督は「憲法を変えるなどもってのほか」という記事に談話を寄せ、戦争放棄をうたった憲法第9条などを変えることには反対だ、と訴えた。 さらに、従軍慰安婦や領土問題に踏み込んで、

「慰安婦の問題も、それぞれの民族の誇りの問題だから、きちんと謝罪してちゃんと賠償すべきです。領土問題は、半分に分けるか、あるいは『両方で管理しましょう』という提案をする」

と主張した。

   引退会見でこの騒動に関して質問された宮崎監督は、「熱風」でこうした取材に応じたのは、中日新聞の憲法9条改正特集の記事で鈴木プロデューサーが発言したことがきっかけとなり、ネットを通じて脅迫が届くようになったためだと説明した。

   記事は13年5月3日付けで、鈴木プロデューサーは憲法9条を改正するなんてもってのほかで、むしろ9条があるから日本は平和だったと世界にアピールすべきだ、とした。さらに、安倍首相は九条の改正を視野に入れている、と指摘し、

「平和ぼけですね。想像力に欠けているわけでしょ。安倍さんなんかはね、年が若いのになぜああいうことを考えるのか、ちょっとピンときません」

と批判した。

引退後はジブリの若手にアドバイスもしない

   この発言の後に脅迫が始まり、鈴木プロデューサーが街を歩いているときや、電車に乗っているときにブスッと腹を刺されるかもしれないと心配し、「僕も発言しよう」と思い立った。そしてジブリの高畑勲監督(77)を誘って「熱風」で憲法9条改正反対を主張した。

「(ジブリ内に憲法改正反対が)3人いると、攻撃する的が定まらないだろうと」

などと掲載の経緯を語った。「熱風」での発言が大きな騒動になったことも知っているようで、もう少し考えをまとめてから話せばよかったとの反省も見られたが、発言について修正や訂正はしないと語った。

   さて、この日の会見でも体力と気力の衰えを理由に引退すると明言した宮崎監督だが、引退後も車の運転が出来るかぎり奥さんの手作りの弁当を持ってスタジオに通い仕事をするそうだ。それは「ジブリ美術館」に展示されている絵などのメンテナンス。

「僕は自由人なので、やりたくなったもの、やれるものはやる」

   ただし、アニメ製作の延長線上にない仕事はするが、ジブリの新作の監修、若手へのアドバイス、脚本への関与などはしないという。また、「熱風」で発言したのは諸所の事情があったからで、これからはそのような知識人的発言はしないと強調していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中