松本人志監督「R100」 カナダ最大紙で最低評価

印刷

   「第38回トロント国際映画祭」(現地時間2013年9月5~15日)に出品している松本人志監督の映画「R100」が、地元カナダで最大部数を誇る日刊紙「トロント・スター」で最低の評価を受けている。

   8月27日付の記事で、有識者3人が59作品を4つ星で評価した結果、「R100」は最低の1つ星だった。「現代日本を風刺するような衝撃的な映画」とした上で、「あるシーンは観客の怒りを買うだろう」「啓発的な部分もあるが、ほとんどが人の心を乱すような内容だ」と書かれている。

   是枝裕和監督の「そして父になる」は「非常に素晴らしい、練られた作品」と評価され、3つ星半だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中