「被害1000万じゃ済まないでしょ」「対応しきれなかったですか?」 洪水被害の旅館取材にネットで疑問と怒りの声

印刷

   2013年9月16日に日本列島を襲った台風18号の影響で、京都府では「数十年に1度の規模の雨」が降り、甚大な被害をもたらした。

   嵐山では広範囲で浸水被害があり、テレビ各局は被害の大きかった旅館へ取材に赴いた。しかしその内容について、「被災者に追い討ちをかけている!」として、視聴者から怒りの声が上がっている。

「地下どうなさるおつもりですか?まだ考えてない?」

   13年9月17日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)は、80センチの床上浸水があった旅館「花筏」から中継をつないだ。

   女将の中西美暁さんが、1階の厨房や60畳の宴会場、食器と食料、冷蔵庫を置いていた地下室も全て水にやられ、食器は1から洗い直し、畳の張り替えはもちろん土台から直さなければならない、これから地下の水をポンプで汲み出す、今日と明日の宿泊客は全て断りの連絡を入れたと、被害状況を説明した。

   岸本哲也リポーターが被害総額を聞くと、中西さんは「想像もつかないけど、1000万近くになるんじゃないかと」という。営業再開のめどについては、「全く…厨房が動かないので」と、困惑しきりの様子だった。

   スタジオの小倉智昭さんからも質問が飛んだ。「僕も水の被害の経験あるんですが、木造の部分は水の影響で反ったり、建てつけが変わっちゃったりするんで、女将さんかなり大変だと思いますよこれから」と言われ、中西さんは「そうですねぇ…」と困ったような笑顔を浮かべた。「女将さん今被害1000万とおっしゃったけど、見た感じで1000万じゃとても済まないような気がするんですね」と言われると、「そうでしょうか…」と苦笑いしていた。

   さらに「地下とかの物はまず使えないと思いますし、地下もこれからどうなさるおつもりですか?まだそこまで考えてらっしゃらない?」と矢継ぎ早に質問され、「そうですね、まだもう…あの…地下なんかはどうなってるかも全然わかりませんので、はい…今日これからです」と、言葉に詰まりながら答えていた。

女将は気丈「1日でも早くお客様を迎え入れたい」

   花筏は創業40年余りの老舗で、2年ほど前に改装したばかりだ。このことについてスタジオの笠井信輔アナウンサーが中西さんに「今どういう思いでいらっしゃいます?」と聞くと、「お客様が、予約して下さってる方がたくさんいますので、1日でも早くお客様を迎え入れる状態にしたいと、その一心です」と気丈に返していた。

   一連のやり取りについて、視聴者は「被災者の気持ちを逆撫でしている」という感想を抱いたようだ。ネット上では「1000万どころじゃ済まないなんて言う必要あるの???」「女将さんに追い打ちかけて泣かせたいのか!?女将さんただでさえ困ってんのに脅迫か!?腹立つーー!!!」「フジに抗議のメール投げたいレベル」などと苦言が書き込まれた。

   同日放送の「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS系)でも花筏と中継をつなぎ、井上貴博アナウンサーが「特別警報」について中西さんに詳しく聞いていた。

   「特別警報は初めて発表されたんですが、出た時はどういうお気持ちでした?」という質問に対し、中西さんは「初めて言葉を聞いたので意味があまりわかってなかった」と返答。すると「あまり対応はしきれなかったということなんですかね」と聞かれ、「そうですね、もう2階(に避難)ということで…」と少し言葉に詰まっているようだった。

   これについても、ネット上で「なんで怒ってる感じで質問してるの?採用面接か何か?」「被災者の心に土足で踏み込むようなインタビューの仕方だな」「質問下手すぎるわ。あのインタビュー被害者ならブチ切れるわ」といった声が上がった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中