財政難で「『福祉国家』やめます」  オランダ国王、国民に自助努力求める

印刷

   「福祉国家」として知られてきたオランダが、ついにその看板を下ろすことになった。ウィレム・アレクサンダー国王が2013年9月17日(現地時間)に行った演説で、「20世紀型の福祉国家は終わった」と述べ、自助努力を求める社会のあり方を提唱したのだ。

「小さな政府」への恒久的な移行を意味する

   日本では北欧諸国が「福祉国家」の代表として知られているが、実はオランダも「大陸型福祉国家」という呼び名で知られている。国連開発計画(UNEP)や経済協力開発機構(OECD)の統計によると、2012年のオランダのGDPに占める福祉支出(教育関係をのぞく)の割合は24.3%で、デンマーク、スウェーデン、フランス、ドイツ、ベルギー、スイス、オーストリア、フィンランドの次に高い。日本は16.9%だ。

   国王の演説は、マーク・ルッテ首相の内閣が作成しており、施政方針演説に近い性質を持つ。現地メディアの報道によると、演説では、

「グローバリゼーションや高齢化社会といった社会的発展で、労働市場や公共サービスは、もはや時代の要請に合わないようになってしまった」

と社会状況の変化について説いた上で、

「古典的な福祉国家は、ゆっくりと、しかし間違いなく、『参加社会』に進化しつつある」

と、今の「福祉国家」という考え方が行き詰まっていることを明言した。また、「参加社会」という言葉は、「市民が自分の面倒を見て、退職者の福祉といった社会問題に対する市民社会の解決策を作り出す社会」だと説明された。

   英フィナンシャル・タイムズは、この演説を

「国王の演説は、緊縮策が一時的な引き締めではなく、『小さな政府』への恒久的な移行だということを示した。1960年代~70年代にかけて築いてきた平等主義的な社会モデルから距離を置いてきた、ここ10年ほどの(オランダ政府の)動向を盛り込んだ形だ」

と分析。現状追認型の演説だったとの見方を示した。

8000億円追加で歳出カットしてもEUの基準満たせないおそれ

   ここまで強い表現に踏み切ったのは、オランダは財政規律を守ることが強く求められているからだ。ユーロ導入国では財政赤字を対GDP比3%に抑えることが求められており、オランダ政府は、13年8月には、2014年予算案で60億ユーロ(約7950億円)の歳出カットを追加で行うことを決めている。

   だが、オランダ国内の分析機関によると、この歳出カットを踏まえても2014年には赤字は3.3%に拡大する見通しだ。オランダはEUの主要国で、ギリシャやイタリアに対して基準を満たすように求める立場だ。この点も、オランダ政府の危機感を強くしている。

   アレクサンダー国王は、ベアトリックス女王の退位を受けて13年4月に即位したばかり。即位後の議会演説は初めでで、国民に与えたインパクトは大きかったようだ。すでに野党からは

「未来に何の希望や信頼も見いたせない」
「内閣は増税が多すぎるし、労働市場改革への動きも遅い」

といった反発の声が出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中