宮崎駿「永遠の0」を嘘八百と批判!? 百田尚樹も「おこ」で零戦戦争勃発か

印刷

   「風立ちぬ」大ヒット中の宮崎駿監督が、零戦パイロットを主人公にした人気作「永遠の0」を猛批判した――そんなニュースが飛び込んできた。

「今、零戦の映画企画があるらしいですけど、それは嘘八百を書いた架空戦記をもとにして、零戦の物語を作ろうとしているんです。神話の捏造をまだ続けようとしている。『零戦で誇りを持とう』とかね。それには僕は頭にきてたんです。子どものころからずーっと!」
「相変わらずバカがいっぱい出てきて、零戦がどうのこうのって幻影を撒き散らしたりね。戦艦大和もそうです。負けた戦争なのに」

「戦争肯定」百田氏と一緒にされたくない…ホント?

「永遠の0」との間にドッグファイト勃発?の「風立ちぬ」 (C)2013 二馬力・GNDHDDTK
「永遠の0」との間にドッグファイト勃発?の「風立ちぬ」 (C)2013 二馬力・GNDHDDTK

   2013年8月19日発売された映画雑誌「CUT」(ロッキング・オン)9月号掲載のインタビューで、宮崎監督は3万字にわたって「風立ちぬ」について語っている。その中から、上記の部分を9月25日、ネットメディア「ビジネスジャーナル」が引用、宮崎監督が名前を挙げていない「零戦の映画」が「永遠の0」だと断定し、「宮崎監督が『永遠の0』酷評」と報じた。

   「永遠の0」は百田尚樹さんによる、特攻で戦死した零戦パイロットの生涯を描いた小説だ。文庫本は歴代1位となる累計250万部超のベストセラーとなっており、12月には映画版も公開される。ちなみに配給はともに東宝で、劇場によっては「風立ちぬ」上映前に「永遠の0」予告編が流れている。

   そんな話題作を、宮崎監督はなぜ「酷評」したのか。ビジネスジャーナルは、原作者の百田さんが宮崎監督とは正反対の思想の持ち主だからだとして、こう推測する。

「宮崎があえてインタビューで『永遠の0』批判を繰り出したのは、戦争を肯定する百田と一緒にされるのが耐えられなかったのかもしれない」

   確かに百田さんは安倍晋三首相と対談するなどしばしば保守的な政治見解を披歴しており、護憲、反戦を強く打ち出す宮崎監督とは主張がかなり違う。また、「右翼エンタメ」と論評した朝日新聞を始め、「永遠の0」を「戦争賛美」だと批判する声も存在する。

   「戦争賛美」の百田さんVS「反戦」宮崎監督、なるほどわかりやすい構図ではある。

McD

    牛肉100%、調味料や「つなぎ」も一切使用していない――。そんなマクドナルドの「ビーフパティ」をめぐり、ネット上で「マックのパティは牛肉の味がしない」などと懐疑的な声が漏れている......続きを読む

PR 2016/4/22

外資系求人特集

   海外企業の日本法人設立が相次いでいるが、日本の商慣習に理解がありながら、海外とのやり取りもできるバイタリティーを持ったマネージャークラスの人材が不足している。代転職サイト「ビズリーチ」の外資系企業特集によると......続きを読む

PR 2015/3/16

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
235
2015/10/17 22:49

永遠のが架空の人物を使った捏造なら、風邪たちぬは実在の人物を使った捏造

というのが私の印象

234
 今昔悶導 2015/10/13 19:11

 ああいうことをすれば、武藤貴也同様トカゲの尻尾みたいにされるということがよくわかったよ。
 文藝春秋も現在では、社運を賭けていると言わんばかりに又吉へ全精力を注いでいるし。
 マスメディアには既得権益が根を張っているということを叩き込んだほうが身のためだよ、ホント。
 

233
変態 2015/10/11 16:54

多方面から集中砲火される本が250万冊も売れるわけないだろww
普通にいい本だし何が「戦争美化」だよww
適当なこと言うんじゃねえよwww

コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

ハイクラス転職 狙うなら今!

もっとも多くの敏腕ヘッドハンターが集まるサイトで、あなたキャリアをアピールしてください。

「1トンの肉を食べた男」が検証 マックの「ビーフ100%」は本当?

「何か別の肉を混ぜているのでは?」長年の疑惑に迫る!

【最大賞金1万円】投稿クイズコンテスト

クイズ投稿サイト「トイダス」にクイズを投稿して賞金をゲット!

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中