みのもんた、次男再逮捕でさらに窮地 ネットで「さっさと引退しろ!」の大合唱

印刷

   タレントみのもんたさん(69)の次男が2013年10月1日に窃盗容疑で再逮捕されたという報道を受け、ネットでは「みのの番組はもう見たくない!」などと芸能界引退を求める声がさらに広がっている。

   番組内での女子アナに対するセクハラ疑惑や、最近週刊誌が報道した暴力団との関係疑惑もこうしたみのさんバッシングに拍車をかけている。

「自分がやったことではない」と出演継続を主張

   次男の日本テレビ社員、御法川雄斗容疑者(31)が東京新橋で、他人のキャッシュカードで現金を下そうとしたとして窃盗未遂の疑いで逮捕されたのは13年9月11日。容疑者は「勘違いで使った」などと釈明し無実を主張していたが、実は酒に酔った男性のカバンを盗みその中に入っていたキャッシュカードを使った疑いが浮上し再逮捕された。

   最初の逮捕で、みのさんに親としての責任や、情報番組のキャスターとして教育問題や社会問題を扱うこことは今後は難しくなるだろうといった批判が起こった。しかし本人は、そうしたことはあまり意に介していないようで、9月13日に自宅前で行われた囲みの記者会見では涙を滲ませる場面はあったものの、30を過ぎて所帯を持って独立している子供の責任を親が取るか取らないかの議論はおかしくはないか、と発言したり、9月21日放送のラジオ番組に登場したときにも謝罪は一切なくて、

「私は別に何をやったわけでもない」「あくまでこれは他人のこと」

と世間の批判をかわしていた。それでも日本テレビ系「秘密のケンミンSHOW」の出演は継続したがTBS「朝ズバッ!」といった報道系の番組出演を自粛することになった。

   テレビや週刊誌ではみのさんを擁護するタレントが登場するなどして侃々諤々の議論を繰り広げているが、ネットではみのさんの責任を追及する声がかなり多い。

「老害は潔く去れ。あの顔はもう見たくないんだよ」

   この事件の前に、みのさんは13年8月30日放送の「朝ズバッ!」で吉田明世アナウンサーの尻を触っているかのようなセクハラ映像が流れたことで、大騒ぎになっていた。さらに週刊誌「女性セブン」では、07年にみのさんのセクハラで女性アナが降板した、などと報じられた。12年7月には「朝ズバッ!」放送中に突然「セクハラ!」という女性の声が聞こえたとネット話題になっていた。

   また「週刊文春」(13年10月3日号)では、みのさんが経営する水道メーター会社が談合事件で右翼団体の標的になったときに問題収拾に動いたのは暴力団組長。これは元芸人の島田紳助と同罪だと書かれた。

   なぜかネットには以前からみのさんのアンチが多数存在していることもあり、みのさんはテレビから消えてほしいといった声が多数挙がっていて、ツイッターにも、

「見たくない!テレビには出ないでいただきたい」
「老害セクハラ痴漢司会者に。さっさと引退すればいいのに」
「老害は潔く去れ。あの顔はもう見たくないんだよ」

といった意見が出ている。

   ちなみに、みのさんの降板後の「朝ズバッ!」の視聴率は、日によって変化があるものの、以前と比べて大きく落ちたということはないようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中