「能年がキムタクと共演拒否」報道にTBS激怒 「オファーしてません。断られてもいないです」

印刷

   驚異的な大ヒットとなったTBS系ドラマ「半沢直樹」の後枠で始まる「安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~」。木村拓哉さんが天才物理学者と「アンドロイド」の2役を演じるというトンデモストーリーに「半沢の後で大コケと言われないか」と不安の声も上がっている。

   そんな中、NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」でブレークした能年玲奈さんが、「安堂ロイドのオファーを断っていた」との報道が出た。放送開始前からネガティブな話ばかりささやかれ、とうとうドラマスタッフの堪忍袋の緒が切れて、「否定コメント」がでてしまったようだ。

「東スポwebさん。いいかげんにしてくださいね」

「安堂ロイド」公式ツイッター怒りの投稿
「安堂ロイド」公式ツイッター怒りの投稿

   「能年さんがオファー断った」との記事は、2013年9月30日に東スポwebに掲載された。

   記事では、TBS関係者の「高視聴率を期待して"あまちゃん"に出演をオファーしたんだが断られた。それで局内でも『やっぱり無理か…』というムードが漂ってる」との話を紹介した。評価の高かった「あまちゃん」の次の仕事としては割に合わないとして、木村さんの妹役を断ったというのだ。妹役はAKB48の大島優子さんが務めることが決まっている。

   話半分に受け止める人が多かったが、中には「安堂ロイド」の公式ツイッターアカウントあてに「妹役には能年玲奈さんを起用しようとしてたって本当ですか?」とのリプライを寄せる人もいた。

   10月1日夜、公式ツイッターが以下の投稿をした。

「めんどくさいから相手にするまいと思っていたが、中には信じる人もいるので、一応。能年さんに今回オファーはしてません。だから断られてもいないですし。能年さんや関係者の方すみませんね。東スポwebさん。いいかげんにしてくださいね。」

   このツイートに対し「まぁ本当でも本当なんて言えないよね、プロデューサーって嘘吐くのが仕事だしね」とリプライしてきたユーザーには、「馬鹿にすんな」と返答した。今回の報道が相当頭に来ていることがうかがえる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中