「おしん」、30年ぶりに特派員協会で会見 「映画版」完成、早くも海外から引き合い

印刷

   往年のNHKドラマ「おしん」が映画化され、出演者が2013年10月8日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見した。テレビ版は国外でも人気を呼んだこともあって、外国人記者からは早くも自国での上映を期待する声が出ていた。

   作品では、貧しい農村生まれの少女「おしん」が口減らしのために7歳で奉公に出され、苦難に負けずに成長する様子を描く。1983年から84年にかけて初めて放送され、平均52.6%の視聴率を記録。さらに68の国や地域で放送され、海外にも日本人の勤勉さを強く印象づけた。

当初から海外展開を念頭に製作

30年前の写真をプレゼントされて驚く小林綾子さん(左)。中央は「おしん」役の濱田ここねさん、右が「ふじ」役の上戸彩さん
30年前の写真をプレゼントされて驚く小林綾子さん(左)。中央は「おしん」役の濱田ここねさん、右が「ふじ」役の上戸彩さん

   映画版では少女時代に焦点をあて、主役のおしんを濱田ここねさん(9)、母親の「ふじ」を上戸彩さん(28)が演じる。テレビ版でおしんの少女時代を演じた小林綾子さん(41)も、おしんの奉公先の若奥様役で登場する。

   小林さんはテレビ版が放送された際にも特派員協会で会見している。会見冒頭には、司会者から当時の写真がプレゼントされ、目を丸くする一幕もあった。

   映画版は国外でも高評価で、13年9月に中国の湖北省武漢市で開かれた「第22回金鶏百花映画祭」では、国際映画部門の最優秀作品賞を受賞した。当初から海外展開を念頭に置いて製作されたという。製作会社の説明によると、すでに中国やインドネシアなど数か国で上映に向けた具体的な交渉に入っている。

   小林さんは、

「今回の映画では、ふじとおしんの親子の絆、やさしさ、思いやりといった、とても人間として大事なことを伝えていると思う。テレビのおしんを見た人もそうでない人も、きっと心に残るのでは」

とアピールした。

上戸彩、泉ピン子演じた「ふじ」役にプレッシャー

   テレビ版で、ふじを演じたのは泉ピン子さん(66)だ。上戸さんはテレビ版と比較されるプレッシャーを感じたといい、

「ピン子さんと比べたときに、ピン子さん演じる母親役にはなれないと思ったし、勝つ自信はなかったので、ここねちゃんのことを少しでも、1分1秒でも長く、近く愛したいと思った」

と話し、濱田さんに寄せた思いが「画(え)に出ていたらうれしい」と振り返った。

   濱田さんは、撮影を振り返って

「親と離れてから(撮影を)やると聞いたときに本当にびっくりして、ずっと泣いていました。それと監督も厳しくて、私が演技できないときは、『お前、なんでできないんだっ!できないんだったらやめろ!』と言って出て行ったりして、何がいけなかったのかも教えてくれなくて…。本当につらい…(撮影でした)」

と苦笑いしていた。

   映画の上映は10月12日から。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中