全盲のピアニスト梯剛之さんを無事保護 10日夜から行方不明

印刷

   親族の女性とともに2013年10月10日夜から行方不明になっていると伝えられていた全盲のピアニスト・梯剛之さん(36)が、15日夜に無事保護された。

   所属事務所「ソナーレ・アートオフィス」によると、心身ともに健康で、10月18日に予定している兵庫・宝塚市のコンサートを含め、今後の演奏活動も予定通り行うことができるという。連絡が取れなかった間の梯さんの状況については、「家庭内で何かあったということなので、こちらとしても詮索していない。事件、事故に巻き込まれたということではない」とのことだった。

   梯さんは生後1か月で小児がんにより失明した。4歳半からピアノのレッスンを始め、1998年には若手演奏家の登竜門、ロン・ティボー国際ピアノコンクールで2位に入賞した。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中