震災から2年半、戸建て住宅の建築ラッシュ【福島・いわき発】

印刷
news_p186937_1.JPG

   知人たちといわきニュータウンにある応急仮設住宅を訪ね、管理スタッフから話を聴いた。外に出ると、スタッフが道路向かいの戸建て住宅群(=写真)を指さして言った。「仮設ができたころは空き地だったんです」


   窪地を走る環状道路をはさんで、3・11後に広野町と楢葉町の仮設住宅ができた。楢葉側は、仮設住宅しかなかった。空き地が広がっていた。そのことを、管理スタッフに言われて思い出した。


   真新しい2階建ての住宅がすき間なく並んでいる。洗濯物を干している家がある。建て主への引き渡しを待つばかりの家がある(窓ガラスに張り紙がしてあるので、それとわかる)。


   東日本大震災から2年半余、いわき市内では家の建築ラッシュが続く。「不動産バブル」などともいわれている。


   身近な暮らしの場では震災家屋の建て替えが進む。津波で家を失った人、双葉郡から避難してきた人たちが市内に土地を求め、家を建てるケースも出ている。それやこれやで、空き地になっていたニュータウンの宅地も家で埋まった。


   かたや、仮設住宅のすぐわき――。セイタカアワダチソウの黄色い花が覆う法面(のりめん)の肩に、大根その他の野菜が葉を広げていた。1列4メートルほどの、猫の額ならぬ猫の鼻くらいのスペースでしかない。


   避難する前は畑をやっていたというおばさんたちにとっては、ままごとのようなものだ。代用にもならない。が、なにもしないでいるよりはまし――土と向き合ってきた人生がそうさせるのだろう。<わが家に帰って思いきり畑を耕したい、野菜をつくりたい>。おばさんたちの「叫び」が、大根の葉を通して聞こえてくるようだった。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中