大ヒットマンガ「進撃の巨人」 アメリカでも「快進撃」の秘密

印刷

   大ヒットマンガ「進撃の巨人」が米国など北米でも「大進撃」を続けている。

   アマゾンの売上ランキングで上位を独占し、その勢いはとどまることを知らない。人気の秘密はどこにあるのか。

アマゾンのマンガの売り上げ1位、2位を独占

   「進撃の巨人」は諫山創さん原作のマンガで、講談社「別冊少年マガジン」の2009年10月号から連載が始まるとすぐに人気に火が付いた。舞台となっているのは1800年代のヨーロッパやアジアを連想させる世界。人間は高く強固な壁を作り、その中に逃げ込んで生活している。人間によく似た裸の巨人が出現して人間を襲撃、捕食するためで、そんな巨人と戦う様子が描かれている。

   コミックは現在11巻まで発売され、2013年8月末の時点で計2300万部を売り上げた。テレビアニメも13年4月から9月まで放送され、そのDVDやブルーレイも記録的なヒットとなっている。

   そして、アニメが放送された13年春ごろからアジア、アメリカ、ヨーロッパなど海外でも異様な盛り上がりを見せるようになった。これまで誰も見たことがなかったような世界観と巨人の残忍性が大きなショックを与えたようだ。北米では「ATTACK ON TITAN」の名前で12年6月に第一巻が発売された。

   13年10月21日の17時現在の米アマゾンの売り上げランキング「Best Sellers in Manga Comics & Graphic Novels」を見ると、第1巻が1位、2巻が4位、3巻が6位になっている。米ニューヨークタイムスのウエブ版が発表したベストセラーランキングでは、13年10月6日~10月12日の一週間で「Manga」部門1位、2位を占め、ベストテンに「ATTACK ON TITAN」が5冊入っている。

命を賭して困難に立ち向かう少年少女の姿が共感を呼ぶ

   どうしてこれほどの人気になっているのか。米アマゾンの「ATTACK ON TITAN」に関するレビューには、

「このマンガはアクション、サバイバル、ホラーなどを読みたいと思っている人、誰にでも強く推薦いたします」
「ストーリーが面白いだけでなく芸術スタイルも素晴らしいです。そして、緻密に計算されたリアリティーがあって誰にでも推薦できるマンガです」
「私はアニメが好きですが、このマンガはアニメと同じくらい刺激的です。剣術、アクロバットなど、あなたはまるで怪物が人間を捕食するように?より多くの満足が得られるでしょう」

などと書かれている。

   連載が続いている「別冊少年マガジン」の編集長、鈴木一司さんはアメリカでの人気についてこう分析している。

「巨人の謎、独創的な世界観などが注目される作品ですが、ストーリーは巨人に絶望的な戦いを挑む少年少女たちを描いた、とてもシンプルなものです。命を賭して困難に立ち向かう少年少女たちの姿こそが国、文化を問わず心を打つのではないかと思います」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中