「防災センター」の悲劇【岩手・大槌町から】(17)

印刷
鵜住居地区防災センターは年内解体の方針が決まった=2013年10月27日、釜石市鵜住居町
鵜住居地区防災センターは年内解体の方針が決まった
=2013年10月27日、釜石市鵜住居町

   手段が目的化してしまうことはよくあることだ。ある目的を実現するために選択したはずの手段なのに、その手段を実行すること自体が目的化してしまう。大槌町と接する釜石市鵜住居(うのすまい)町で起きた震災時の悲劇は、その典型的な例だった。


   東日本大震災は、私が朝日新聞北上支局に在籍する時に起きた。2年間、岩手県北上市から大槌町に取材で通った。車で片道2時間半。大槌町に近づくたびに、津波で破壊され、残骸をさらす建物が、いやでも目に入ってきた。津波で水没した鵜住居地区防災センター。大槌町での取材と並行し、センターの取材を進めた。センター内や建物の裏で見つかった遺体は68人。しかし、遺族会の調べで、200人を超える住民がセンターに避難し、犠牲になったことが分かった。


   センターは明治三陸津波の浸水地域で、釜石市の津波避難区域内にあり、津波に襲われた時の正式の避難場所ではなかった。正式の避難場所は近くの寺の裏山と、神社の境内。しかし、地元では、センターが利用しやすい低地にあったため、「避難訓練の時だけの避難場所」とすることを考えた。釜石市は、この方針を認め、訓練時に限った避難場所であることを住民に周知しなかった。訓練をするたびに、寺や神社よりも、センターへの避難者が増えていった。


   防災センターという名前もまぎらわしかった。公民館や市の出張所の機能を併せ持つ集会所だったが、住民に、避難すれば安全、という誤解を与えてしまった。震災時、訓練の時と同じように、お寺に逃げて助かった小林進さん(79)、庸子さん(75)夫妻は、こう証言する。「訓練の時にお寺に逃げたら、ご近所の人に、センターは頑丈だし暖かくて楽だよ。なぜセンターに逃げないの、と不思議な顔をされた」


   菊池通幸さん(66)は、長男辰弥さん(37)の妻琴美さん(当時34)と、その子涼斗(すずと)君(同6歳)をセンター内で亡くした。十王舘和美さん(33)は、夫高治さん(同30)と長男優豪(ゆうごう)君(同6歳)、長女羽美(うみ)ちゃん(同3歳)を亡くした。川崎身延さん(76)と、長男哲央(のりお)さん(42)は、センター内で九死に一生を得た。2階の天井間際まで浸水し、わずかに空いた隙間で息をつき助かった。


センター内の祭壇には遺族による献花が絶えることがない=2013年10月27日
センター内の祭壇には遺族による献花が絶えることがない=2013年10月27日

   生と死を分けた3家族に共通していたのは、センターに避難すれば身の安全は守られるという認識だった。妻の郁子さん(同63歳)を亡くした三浦芳男さん(68)は「避難訓練が訓練のための訓練になっていた」と指摘する。十王舘和美さんは「今でも、センターが無かったら助かったと思う。無念です」と話す。


   釜石市が設置した検証委員会は今年、8月、「市の責任は重い」と結論づけた。

   災害時、訓練した以上の行動を起こすことは難しい。訓練は、できるだけ本番に近い形で実施し、事前に問題点を洗い出しておくことが必要だろう。鵜住居の悲劇は、改めて、防災訓練の重要性を訴えかけている。

(大槌町総合政策課・但木汎)


連載【岩手・大槌町から】
(16) << (17)

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中