作者死去で未完の「世界最長」小説 「グイン・サーガ」に続編登場

印刷

   一作家による小説としては「世界最長」とされる「グイン・サーガ」(栗本薫著、早川書房)本編が、2人の後輩作家によって引き継がれる。著者の栗本薫さんが2009年に亡くなり、未完のままになっていた。「続きが読みたかった」とファンも多かったという。

   続編が出ることが報じられるとネットでは、「グイン・サーガの続編が出る!! よかった!うれしい!たのしみ!」といったツイートが出た。

「失われた時を求めて」より長い

   豹の頭を持つ戦士・グインが主人公のファンタジー小説だ。中世ヨーロッパに似た架空の世界が舞台で、パロ、ケイロニア、ゴーラという3国が争う。1000人以上の人物が登場し、さまざまな人間模様が描かれる壮大な物語となっている。

   「世界最長」の小説といわれ、マルセル・プルーストの「失われた時を求めて」(フランス語で約960万9000文字)よりも長い。2004年11月の読売新聞記事によると、「グイン・サーガ」の英語版を元に算出して3022万5000文字で(2004年当事)、早川書房がギネスブックに「世界最長」小説として申請したが、「この記録は一冊の本でなければ認められない」と受け入れられなかった。

   1979年に第1巻「豹頭の仮面」が刊行され、2005年には第100巻となる『豹頭王の試練』が出た。当初は全100巻で完結する予定だったが、その後も物語は続き、栗本さんのライフワークとなった。しかし、著者の栗本さんが2009年5月、すい臓がんのため56歳で亡くなり、執筆を終えていた129巻と、130巻の途中までは刊行された。累計発行部数は3300万部を記録している。

   生前に栗本さんは、

「自分がもしかなり早く死んでしまうようなことがあっても、誰かがこの物語を語り継いでくれればよい。どこかの遠い国の神話伝説のように」

と著書のあとがきに記していた。

   今回の続編刊行はその遺志を継いだものだ。2013年11月8日に五代ゆうさんが131巻として「パロの暗黒」を、12月には宵野ゆめさんが132巻「サイロンの挽歌」を刊行する。

「この巻から入ってもいちおう前後はわかる」

   五代さんは、第4回ファンタジア長編小説大賞(富士見書房主催)で大賞を受賞し、「パラケルススの娘」「柚木春臣の推理 瞑る花嫁」などの著作がある。宵野さんは栗本さんの小説講座で弟子として学んでいた。

   「グイン・サーガ」はかなりの長編のため、途中の巻で読むのが止まっている読者も少なくないが、五代さんは

「この巻から入ってもいちおう前後はわかるように気をつけて書きましたので、しばらく読んでなかったわーという方もグインって?という方もどうぞお気軽にですヽ(*´∀`)ノ」

とツイートしており、131巻から読み始めても問題ないようだ。

   ネットでは、別の著者が続編を書くことに不安を感じるという意見もある一方で、

「『こんなのボクのグイン・サーガじゃないやいっ』ってのは、もう栗本薫さん本人が書いていた時でもあったわけだから、今さらもいいところだし。どんどんいろんな『グイン・サーガ』が現れていけばいいんだと思うよ。それでこそサーガってものだ」

と期待する意見が多く書き込まれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中