名門「ジュビロ磐田」 初のJ2降格が確定

印刷

   サッカーJ1のジュビロ磐田が2013年11月10日のリーグ戦第31節でサガン鳥栖に0対1で敗れ、初のJ2降格が決まった。

   Jリーグでは、J1の16位以下となった3クラブが来シーズンにJ2へ降格することになっている。ジュビロは勝ち点20の17位で、10日の試合で引き分け以下ならばJ2降格が決まる状況だった。結果は0対1で、今シーズン3試合を残して16位以下が確定。97年、99年、02年と3度の優勝を飾った名門がクラブ至上初の降格となった。

   同日にはジュビロ磐田を運営するヤマハフットボールクラブの代表取締役、高比良慶朗氏によるコメントが公式サイトに掲載された。「降格という結果を真摯に受けとめ、クラブ一丸となって1年間で何としても『J1』に復帰する覚悟で臨みます」として、「今後ともジュビロ磐田と共に戦っていただきますよう、変わらぬご声援をよろしくお願い申し上げます」とサポーターへ呼びかけた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中