官邸FBに異例の「いいね!」6万7000件 自衛隊1000人規模派遣に現地から感謝の声

印刷

   台風30号で大きな被害を受けたフィリピンへの支援活動が本格化するなか、日本の首相官邸の英語版フェイスブックの記事に7万件近い「いいね!」が寄せられている。

   記事は、安倍晋三首相が自衛隊員を1000人規模で派遣する方針を表明する内容で、1万3000件以上寄せられたコメントの大半が、現地からの感謝の声だ。日本の官公庁、しかも外国語のフェイスブックに対する反応としては、きわめて異例だ。

「Arigato gosaimasu Nippon」「bansai Japan.. arigato !!」

「いいね!」が7万件近く寄せられた英語版の記事。自衛隊員が輸送機を見送っている
「いいね!」が7万件近く寄せられた英語版の記事。自衛隊員が輸送機を見送っている

   英語版のフェイスブックの内容は基本的に日本語版の内容を翻訳したもので、「いいね!」の数は、多くても数百程度だ。だが、そのうちのひとつには、2013年11月19日17時時点で「いいね!」6万7500件、シェア(共有)3万4400件、コメント1万3000件以上が寄せられている。

   コメントの内容は、

「Thank you Japan. God bless」(ありがとう日本。神の恵みがありますように)

といった英語のものが多いが、アルファベットで日本語をつづったものも多い。

「bansai Japan.. arigato !!」
「Arigato gosaimasu Nippon」
「Dumo arigato!」

   タガログ語の「ありがとう」に相当する「Maraming salamat」という言葉も目立つ。

   元々日本語版に掲載された記事は、

「過去最大、1,000人規模の自衛隊員をフィリピンに派遣することに決めました。甚大な台風被害からフィリピンの人々を救うため、矢継ぎ早に支援を行っています」
「大災害の被害の苦しみは、他人事ではありません」

といった内容の安倍首相のメッセージだ。11月13日17時34分に、給油・輸送機のKC-767型機が航空自衛隊小牧基地(愛知県)を出発する写真とともに掲載された。現時点での日本語版記事への「いいね!」は1万7800件、シェア800件、コメント400件だ。

   翌11月14日18時44分には英語版にも掲載。爆発的に反響が広がった。

   英語版を管理している内閣官房国際広報室によると、投稿から15時間後の11月15日10時50分には、「いいね!」3万8817件、シェア1万9132件、コメントが7445件。丸1日が経った同19時半には「いいね!」5万3350件、シェア2万7000件、コメント1万件を突破した。現時点で寄せられている「いいね!」の8割程度が、掲載から1日以内についている計算だ。

「シェア」されて「倍々ゲーム」で拡散?

   国際広報室では、「シェア」の多さに着目している。元々の記事がシェアされたことで、「倍々ゲーム」のような形で拡散したとみているようだ。

   また、英語版記事が投稿された1時間後の11月14日19時46分には、AP通信が

「この(自衛隊1000人規模の派遣の)決定は安倍晋三首相の公式フェイスブックに投稿された」

と報じている。AP通信の記事を読んだ英語圏の読者が検索して官邸のフェイスブックにたどり着いた可能性もある。

   安倍首相も反響の大きさに驚いているようで、11月18日夕方には、日本語版ページに

「日本への期待の高さを痛感しました」
「苦しい時はお互い様。フィリピンの皆さん、救援の手を差し伸べる国々の皆さんとも、思いを一つにしながら、この災害に立ち向かっていきます」

と書き込んでいた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中