鈴木寛元文科副大臣、民主党離党を表明 菅元首相を「恨む気持ちない」

印刷

   2013年7月の参院選に民主党から出馬して落選した鈴木寛元文科副大臣が11月19日、民主党を離党する意向をフェイスブックで明らかにした。

   自らが支部長を務める参院東京都選挙区の「第二総支部」を解散するように党本部から指示を受け、解散に向けた事務作業終了にあわせて離党することにした。

   解散の指示は党の規約に基づいたものだというが、鈴木氏は

「ルールを文言通り画一的に当てはめるのにこだわるのも、民主党らしいなあと内心苦笑」

ともつづっている。

参院選では「他党から何度もお誘いも受けて」いた

   鈴木氏が落選した参院選では、民主党は東京選挙区で鈴木氏と大河原雅子氏の2人を公認。かなり早い段階で民主党の劣勢は明らかだったが、執行部は候補者の一本化に踏み切れず、公示のわずか数日前まで大河原氏の公認を取り消さなかった。

   大河原氏は無所属での出馬を強行し、菅直人元首相は大河原陣営を応援。党内では「票を分散させて共倒れを招いた『戦犯』で万死に値する」との声も出ていた。

   だが、鈴木氏は菅元首相を念頭に置いた「党員資格を停止されていた最高幹部」については「感謝の気持ちはあっても、恨む思いはありません」と述べるにとどめた。

   また、参院選では「他党から何度もお誘いも受けて」いたが、「党が隆盛のときはお世話になりながら、落ち目になった途端に逃げ出すのは仁義にもとる」として、あえて民主党からの出馬を選んだことも明かした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中