ダルビッシュ「報ステ」インタビューが反響 「ちょっとみんなマー君持ち上げ過ぎじゃないかな」

印刷

   米大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有投手(27)が、仲がよいとされる楽天のエース田中将大投手(25)について、テレビのインタビューで本音を語ったことが反響を呼んでいる。

   「いや~、ちょっとみんなマー君持ち上げ過ぎじゃないかなと思いますけどねえ」。インタビューした野球解説者の工藤公康さんに、ダルビッシュ有投手がこう切り出す。

連勝記録より防御率が凄いと指摘

ツイッターでも意見を
ツイッターでも意見を

   テレ朝系「報道ステーション」が2013年11月20日夜の放送で組んだ特集「ダルビッシュ有 田中将大を語る」でのことだ。

   工藤さんが驚いて、24連勝した田中投手の印象について問うと、ダルビッシュ投手は、平然としてこう答えた。

「特別成長したとか、ここが変わったとか、ないですけどね、僕は」「24勝ってだけで、すべてを判断してはいけないですね」

   ダルビッシュ投手が言うには、連勝記録はどの投手にも可能性があり、田中投手はラッキーだった面があるというのだ。つまり、味方打線の援護がなければ、先発投手は1点を取られただけで負けるため、田中投手はたまたまそれがなかっただけということだ。

   とはいえ、田中投手には、注目しないといけない凄いところがあると言う。それは、防御率が1.27と驚異的な数字だったことだ。投手の実力そのものを反映しており、ダルビッシュ投手は「それが僕は一番いいと思います」と明かした。

   田中投手が大リーグに移籍した場合においても、得意とする落ちる球のスプリットは有効な武器になるとした。「あのコントロールが維持できるんであれば、バッターはやっぱ振ると思います」。

   一方で、ダルビッシュ投手は、それでも試練が待ち構えていると指摘する。

「結構すごいこと言ってんなw」

「本人が力んだりとかして、スプリットのコントロールが変わってくるとあれば、日本だったらヒットになったやつがホームランとなります」

   また、大リーグでは、バーランダーのような名投手に対しても、打順が下位のバッターまで本気になるとダルビッシュ有投手は言う。チームメートで8番打者のソト選手が「今日ホームラン打ったる」と公言したのを聞き、実際実現したこともあったとした。だから、逃げようと思うようなことがあれば、やられてしまうというのだ。

   これに対し、日本のプロ野球では、最初から「今日マー君だから勝てない」とあきらめていると指摘した。それを監督が言ってしまうため、勝負にならないとし、「それじゃダメ!」「僕はそれがイヤだった」と返す刀で野球界の現状を批判した。

   番組のインタビューでは、ダルビッシュ投手は、大リーグを目指すに際して、田中将大投手へのアドバイスもしている。

   日本シリーズで田中投手が巨人のロペス選手を三振に仕留めた後にガッツポーズのような仕草をしたことについて、「そういうのは絶対ダメ」だとした。大リーグでは侮辱とも受け止められるためで、ロペス選手が怒ったのも無理はないというのだ。

   また、大リーグでは、日本の野球は舐められているとし、頑張らないとその雰囲気を変えられないとした。「マー君が足引っ張らなきゃいいですけどね」とジョークを飛ばしてもみせた。

   ネット上では、ダルビッシュ投手の発言について、「確かにそうだな」「やっぱおもしれーわ」「結構すごいこと言ってんなw」といった反応が出ていた。

   ダルビッシュ、田中両投手はふだんからツイッターでやりとりしており、仲がよいことで知られる。この日のインタビューでのフランクな発言も、そんな2人の関係ゆえ、と言えそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中