神奈川県立近代美術館「鎌倉館」 16年3月末に閉館の見通し

印刷

   国内初の公立美術館「神奈川県立近代美術館」の鎌倉館(神奈川県)が2016年3月末で閉館する見通しとなっていると読売新聞が2013年11月19日に報じた。

   神奈川県は財政難のため、敷地を所有する鶴岡八幡宮との土地貸借契約を更新しない方針を示している。契約打ち切りとなった場合は土地を更地に戻して返還しなければならない。同美術館は世界的な建築家ル・コルビュジェの弟子で日本近代建築の第一人者・故坂倉準三氏による設計。1999年には国際機関「DOCOMOMO」により「日本の近代建築20選」にも選ばれ、日本のモダニズム建築を代表する建物として知られている。

   同館は日本の近現代美術の系統的な収集で有名。また、歴代の館長は、戦後の美術評論界に君臨した土方定一氏はじめ、著名な研究者や評論家が占めてきたことから、公立美術館の中では別格とされてきた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中