猪瀬都知事は辞任すべきなのか ネットで議論広がる

印刷

   猪瀬直樹都知事が「徳洲会」グループから5000万円を「借用」した問題で、「借用証」を公開して謝罪したが、今のところ辞任は否定している。

   これ対してネットでは、「猪瀬氏は責任をとってやめるべき」といった意見や、「この程度ではやめなくてよい」など、賛否両論の議論がされている。

「真実を明らかにして責任を取るべきです」

5000万円「借用」を謝罪した猪瀬都知事(13年5月撮影)
5000万円「借用」を謝罪した猪瀬都知事(13年5月撮影)

   2013年11月26日の会見で猪瀬知事は、徳田毅衆院議員から受け取った5000万円は、選挙資金ではなく個人の借用金であることを強調し、公職選挙法違反(虚偽記載)の可能性を否定した。

   ただ、猪瀬知事の説明は取材を受けるたびに二転三転している。出てきた「借用書」も日付や金額、知事の住所と名前の記載のみで、押印もなく収入印紙も貼ってなかった。

   こうしたことが不信感を生んでいるのか、ツイッターでは、

「借用書は後で書くことだってできるものです。猪瀬知事は真実を明らかにして責任を取るべきです」
「どちらにしても利害関係のある団体から金を受け取った(借りたとしても)という点で、道義的責任が問われる。辞任だろうな・・・」

などと辞任すべきという意見も出ている。

   一方で、猪瀬知事の辞任に否定的な書き込みもあり、

「東京都民にとって大きな損失だと思う。政治家ならルールを守れ、というのはその通りだが、辞任→選挙で、変なのが知事になるよりも、有能な人が知事を続けた方が遥かにましだろう」

などと、さまざま議論が続いている。

猪瀬知事はどう身を処すべき?
知事を辞任するべきだ
辞任するほどのことではない
辞任しなくていいが説明が不十分
仕事で償ってほしい
その他
日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中