ポスティング・システム交渉前進せず 「マー君へのクリスマス・プレゼント」に間に合うか?

印刷

   12月には大リーグ球団と契約していたはずだった。しかし、現在のところ田中将大のオフはバラ色どころか、先行き不安な状態だ。クリスマスまでに決着がつくのか……。

「結果的にはメジャー行き」と思われているが、果たして?

   田中は絶望したはずである。日本プロ野球機構(NPB)の担当者が11月に渡米。大リーグ機構とポスティング・システム(入札制度)について話し合いを持ったのだが、その結果がこれ。

「前進はなかった。今後は電話で話し合うことになった」――

   つまり、大リーグ側に体よく追い返された、ということなのである。いまさら日本の言うことなど聞けない、との態度だったらしい。

   ポスティングについて大リーグ側から新提案があったのだが、それに対して日本の選手会が待ったをかけた。のち条件付きで了承。しかし、今度は大リーグ側から「考え直す」と通告してきた。

   田中は、大リーグ行きの意思を明快にしたものの、宙ぶらりんになってしまった。選手会がちょっかいを出さなければ、新提案でまとまっていた、というのが関係者の認識だった。

   皮肉なのは選手会の会長は楽天の嶋で、田中の投球を受ける捕手。思わぬ形で女房役が足を引っ張ってしまった、ともいえる。

   当の田中はアジアシリーズが終わった後は、表彰式の出席三昧、それが一段落すると、テレビ出演などに明け暮れている。大リーグの話は聞きようがない状況だ。

   今シーズンはまさに「田中イヤー」。タイトルを山のように獲得、選出されたのだが、その賞金だけでも大変なものになっている。

   たとえば、MVPと沢村賞がともに300万円。月間MVPは5か月総なめで計150万円。そのほか100万円賞金がゴロゴロ。スポンサー表彰では400万円というのもあった。総計で2000万円は超えているだろう。

   周囲は「結果的には大リーグに行く」とみている。三木谷オーナーも星野監督もそれを容認しているというから、国内に障害はない。大リーグの返事待ちである。

   田中にとって今年が大リーグに行く最高のチャンスであることはだれもが認めるところだ。「無敗の投手」だから高額、それも超のつく条件を勝ち取れることは間違いない。

   今シーズンの田中の成績は、それこそ100年に一度の出来事である。来年、楽天で投げても今季のようなことはあり得ない。無敗の年俸分を働いてくれるとは思っていないだろう。プロはそう考える。

   大リーグの意向は不明だ。日本球界は待っているだけ。田中のストレスは溜まるばかりである。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中