北島三郎、50回節目に紅白引退 「最後はまつりでいきたい」

印刷

   演歌歌手の北島三郎さん(77)が2013年12月5日、都内で記者会見を開き、出場50回となる今年を最後に「NHK紅白歌合戦」を引退すると発表した。

   北島さんはデビュー50年となる11年に一度紅白引退を考えたが、東日本大震災の発生を受け、「こんな時こそ皆さんに元気の出る歌をしなきゃいかん」と思い踏みとどまった。50回で引退というのは「いつまでも先輩面して壁になるのもよくない。歩いてきた道を譲ってあげるのも先輩の一つの役目」という気持ちから、13年春には決めていたという。体調不良も心配されたが、全く問題ないと胸を張った。歌手活動の引退は否定した。

   最後となる13年末の紅白は「本当に『まつり』でいきたい」と、代表曲の一つ「まつり」を披露することを示唆した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中