チケット売れず、客席ガラガラでも紅白出場 SMAP中居「ジャニーズって会社でかい」

印刷

   SMAPの中居正広さんがテレビ番組内で「下積み」時代を語った。コンサートのチケットが売れずに、客席がほんとんど埋まらなかったこともあったという。

   それでもCDデビューをした年にNHK紅白歌合戦に出場しており、「ジャニーズって会社でかい」と事務所の後押しを強調した。

アンパンマンショーの次にSMAP

SMAPの中居正広さん(画像はイメージ)
SMAPの中居正広さん(画像はイメージ)

   中居さんが「下積み」時代のことを明かしたのは、「ナカイの窓」(日本テレビ系)でのことだ。2013年11月28日の放送では、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さんからの、「イベントでお客さん集まんなかったときなかったんですか」という質問をきっかけに、デビュー時のことを語り始めた。

「デパートの屋上みたいなとこで、抱き合わせみたいにアンパンマンショーの次にSMAP」

   渡部さんから「それを下積みっていうんですよ」と指摘されたが、

「いや全然何も思ってないのよ。俺なんか昔はこんなことやってて苦労したねってのは、たぶんSMAPで誰も思ってない」

と笑いながら話した。

   SMAPは1988年にグループを結成して、1991年9月9日に「Can't Stop!! -LOVING-」でCDデビューを果たした。デビューまでに3年以上かかったうえ、オリコンチャートは最高2位で、当時のジャニーズとしては珍しくデビュー曲1位を逃している。現在は国民的アイドルグループでヒット曲も複数あるが、デビューした当初は苦戦していた。

   当時のことは、番組内で語られたライブのエピソードからもうかがえる。名古屋のレインボーホール(現:日本ガイシ スポーツプラザ)でライブをした際、幕が上がると「アリーナの半分しか埋まってない」状態だったという。

「これドッキリだと思いながら歌ってても、なかなか夏木ゆたかさんが出てこない」

   ドッキリ番組と勘違いするほどの客入りが少なく、「何かのミスかなと思ったけど、単にチケットが売れなかった」。

「それでも紅白に出てるし、環境はいいのよやっぱり」

   チケットが売れなくても、「それでも紅白に出てるし、環境はいいのよやっぱり。歌番組も出れるし、大物の人とも絡めるし」と事務所の「環境の良さ」を語り、「ジャニーズって会社でかい」と強調した。

   ネットでは中居さんの発言に対して、

「コンサートホールが半分も埋まっていないのに、紅白に出してしまう事務所の力…恐ろしいなぁ」
「事務所の力だな。。。いわばカネの力ともいうが。。。」

と、驚くコメントが書き込まれている。

   発言の真意を聞こうとジャニーズ事務所に取材を申し込んだが担当者が不在とのことで、回答は得られていない。

   紅白歌合戦には例年、ジャニーズ事務所から多くのグループが出演し、「ジャニーズ枠」なるものがあると噂されている。NYCというグループは「NYCって誰?」とネットで言われながらも、2009~2012年まで連続出場した。2013年の大晦日は、昨年までのSMAP、TOKIO、嵐、関ジャニ∞に加え、ジャニーズ最年少グループとしてSexy Zoneの初出場が決まっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中