「平成のキャンディーズ」ひっそり活動終了 結成1年、アイドル3人組の寂しい現実

印刷

   「アイドル戦国時代」と言われるほど数多のアイドルグループがしのぎを削る昨今、デビューしても話題になることなくひっそりと消えていくグループも少なくない厳しい世界となっている。

   そんな中、また1つアイドルグループが活動を終えることになった。名前は「C@n-dols(キャンドルズ)」という。「平成のキャンディーズ」としてデビューするもあまり話題にならず、寂しい結末を迎えてしまった。

日本クラウンのプロジェクトから誕生したアイドル

「キャンドルズ」公式サイト
「キャンドルズ」公式サイト

   日本クラウンは2012年春から、1970年代に一世を風靡したアイドルグループ「キャンディーズ」の音楽プロデューサーだった酒井政利氏と松崎澄夫氏がタッグを組んで「平成のキャンディーズ」を発掘しようというプロジェクト「キャンディーズカーニバル」を実施していた。カラオケを利用した全国オーディションで選ばれた、近藤綾さん(19)、鎌田三由紀さん(18)、大野愛友佳さん(19)の3人で12年11月に結成されたのが「キャンドルズ」だ。

   キャンディーズが後楽園球場で解散コンサートを行ってからちょうど35周年となる2013年4月4日、キャンディーズのヒット曲「年下の男の子」のカバーを収録したシングルでデビューした。

   「オフィシャルカバー」という華々しい船出で、レギュラーラジオ番組「SHOW WAAAP!」(FM横浜)をはじめ、ライブイベント出演などの活動を精力的にこなしていたが、7月に大野さんが体調不良を理由にグループを脱退した。

   オーディションで特別賞を受賞した清原優希乃さん(17)が新メンバーとして加入し、人数は保ったが、9月にレギュラーのラジオが終了。その後も不定期でのイベント出演はあったが、3人で書いているブログも当初はほぼ毎日だった更新頻度が減り始め、12月1日を最後に更新されなくなってしまった。

活動終了報告ブログへのコメントが1日で18件

   久々のブログ更新となった13年12月12日の記事が、「みなさんへ。」というタイトルのものだった。

「このたび私達C@n-dolsはオフィス亜都夢(所属事務所)との契約を円満に終了することになりました。そして昨日のワロップ(スマートフォン向け放送局)でのお仕事が皆さんの前に立つの最後のお仕事でした」

   ファンにとっては衝撃の発表だったろうが、ブログへのコメント数は約24時間で19件。2ちゃんねるやツイッターでもあまり話題にならず、何とも寂しい終わり方になってしまった。

   なお、キャンドルズとしては活動終了となるが、3人とも芸能界の夢はあきらめないようだ。ブログの最後はこう締めくくっている。

「これからは3人で力を合わせて、また皆さんの前で歌える日まで歌をメインに練習を重ねて今まで以上に3声コーラスに磨きをかけ、アーティストとして皆さんに認めてもらえるように、パワーアップした姿を絶対お見せしますので、勝手ですがその時まで私達を待っていてくださいね。また皆さんの笑顔を見る輝かしい未来を胸に、私達は前を向いて、三人で力を合わせて歩んでいきます。今までたくさんの愛を本当にありがとう」
日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中