安倍首相、FBの「いいね!」減る ニコニコ支持率も急落…ネット人気にかげり?

印刷

   安倍晋三首相の支持率低下をマスコミが相次いで伝える中、「安倍びいき」が多いはずのネット上でも風向きに変化の兆しが出ている。

   ソーシャルメディアや動画サイトを巧みに活用してきた安倍首相だが、これはどういうことだろうか。

FBフォロワー数の増加ペースに一時の勢いなく

「ネット宰相」の風向きに変化?
「ネット宰相」の風向きに変化?

   安倍首相と言えば、フェイスブックなどを通じてマスコミに頼らない独自の情報発信を行い、また2013年4月にはニコニコ動画系のイベント「ニコニコ超会議2」に出席するなど、ネットユーザー層へのアプローチを盛んに行ってきた。首相としてはこれまでに例のないそのスタンスに、朝日新聞からは、「ネット宰相」とのあだ名まで頂戴している。

   ところが、その「主力」だったはずのフェイスブックが、最近いささか影が薄い。たとえばフォロワー数でいえば、政権発足から7割近い支持率を保っていた5月末までの5か月で20万人近く増やしたものの、そこからの7か月弱では5万人ほどの伸びに留まっている。

   投稿につけられる「いいね!」の数に至っては、むしろ減少傾向にさえある。1投稿あたりの「いいね!」を調査したところ、政権発足当初から半年ほどは平均2~3万件という高水準だったのが、以後は緩やかに減って2万件弱前後を行き来し、特に支持率急落が伝えられた12月に入ってからは平均約1万4000件(19日時点)と低迷している。

   仕様変更などの可能性もあり、数字のみでは単純に測れないが、内容面でも、6月ごろまでは自身を批判した新聞や雑誌に異議を申し立てたり、民主党の細野豪志前幹事長や元外交官の田中均氏に論戦を挑んだりと、かなり積極的に活用していたものの、最近は「活動報告」的なおとなしい投稿が目立つ。フェイスブック上での首相の発言が、「アベノメディア」と呼ばれた一時の勢いを欠いている感はある。

6.6ポイント減で政権発足以来「最低」

   かつては熱狂的な支持が見られた「ネット世論」にも、変化が見られる。「ニコニコ動画」「ニコニコ生放送」で知られるドワンゴとニワンゴが2013年12月18日実施・発表した世論調査(12万5256人が回答)によれば、安倍内閣の支持率は44.1%で前回から6.6ポイントの急落、政権発足以来の最低記録を更新してしまった。

   調査方法、手段の違いもあって、マスコミとネットで「世論」に食い違いが出ることも多く、実際、支持率低下の主因とされる特定秘密保護法の成立をめぐっては、ネットではマスコミに比べ「賛成」の声が強い傾向があった。こうしたことから、ネットでは「マスコミの世論調査は信用できない」「ネットの調査の方が正確」といった主張も珍しくない。

   その「ネット世論」でも支持率低下という結果が出たことに、ニコニコ動画のコメント欄には、「ネトウヨのホームでこれかよ」などと意外がる声も出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中