安倍首相の靖国参拝、国際社会に波紋 韓国は怒りと戸惑い、中国は猛反発、米国は「失望」

印刷

   「どうしてこうなるのかわからない」「努力が水の泡になる」――NHKが伝えた、韓国外務省関係者の発言だ。2013年12月26日、安倍晋三首相の靖国神社参拝は、国際社会には波紋を広げた。

   予想されたことだが、中国も激しく反発、米国もこれまでに例がないトーンで「失望」を口にした。

毛沢東の誕生日に「最大の侮辱」

産経新聞は「号外」で参拝のニュースを伝えた
産経新聞は「号外」で参拝のニュースを伝えた
「中国政府は、中国及びその他のアジア被害国の国民感情を横暴に踏みにじり、歴史の正義と人類の良識に公然と挑戦した日本の指導者の行為に対し、強烈な憤慨を表明し、日本側に強烈な抗議と激しい非難を表明する」(人民網日本版より)

   中国外務省スポークスマンは、26日午前中に抗議声明を発表した。「参拝へ」の第一報が流れたのが午前10時過ぎ、実際に首相が靖国に到着したのが11時30分ごろだから、その素早さがわかる。

   ちょうど、12月26日は毛沢東の誕生日だ。複数の中国メディアは「毛沢東生誕120年の日に参拝」などとこの符合を報じており、北京在住だというある微博(ウェイボー)ユーザーも、

「(毛沢東誕生日の靖国参拝は)中国人民にとって最大の挑戦であり、万億の中国熱血青年への最大の侮辱だ!」

と怒りをあらわにする。

   一方の韓国政府も午後に入り、

「我が政府は怒りと慨嘆を禁じることができない」
「韓日関係はもちろん、北東アジアの安定と協力を根本から傷つける時代錯誤的行為」

との声明を発表した。対日問題としては異例の、外務省としてではなく「一段上」の政府スポークスマンからの発表であり、韓国側としては「最高水準の強硬対応」だ。

「どうせ関係改善できないなら…」

   一方で韓国側からは、冒頭に引用した関係者発言のように「なぜ今……」との戸惑いの声も聞かれる。歴史問題はあるにせよ、安倍政権は韓国との対話を求めるスタンスを取っており、一時は韓国メディアからも朴槿恵大統領に日本への「融和」を求める声が高まっていた。また南スーダンでの「銃弾提供」の一件も、日本からのシグナルと受け止める向きもあった。

   しかし結果的には、韓国政府が外交ルートを通じて日本側の「政治利用」に遺憾の意を伝えるなど、両者の思惑はすれ違いに。韓国のテレビ局YTNなどは、

「銃弾を提供したことに対し、韓国がありがたがるどころか『積極的平和主義』の宣伝として不快感を示したことも、今回の参拝に影響を及ぼした」

との見方もある、と報じている。

「しっかりと説明して、誤解を解いていきたい」

   そんな中で米国は、かなり冷ややかな視線を安倍政権に向ける。

   在日米国大使館は26日午後に発表した声明で、

「日本は大切な同盟国であり、友好国である。しかしながら、日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに、米国政府は失望している」

として、「disappointed(失望)」との表現で今回の参拝を論評した。米国が以前から首相の靖国参拝に否定的な立場を取っていることは知られていたが、公式に批判するのは極めて異例と言っていい。

   国内でも、「首相の政治判断として正しかったとは思えない」(朝日新聞夕刊)などと否定的な声と、「内外の圧力をはねのけ、参拝を実行した意義は大きい」(産経新聞号外)がぶつかり合っている。

   当の安倍首相だが、「中国や韓国の人々を傷つけるつもりはない」と悠然と繰り返し、米国についても、

「さまざまな誤解があるのも事実であり、特に近年、その誤解がだいぶ増幅をされてまいりました。ですから、むしろこの機に、黙ってそれをやり過ごすのではなくて、しっかりと説明していくことによって、誤解を解いていきたいと思います」(午後の自民党インターネット番組で)

と語るなど、「説得」に自信を示してみせた。

安倍首相の靖国参拝、支持しますか?
支持する
支持しない
わからない
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中