沖縄県議会、仲井真知事の辞任要求決議を可決

印刷

   沖縄県議会は2014年1月10日、仲井真弘多(ひろかず)県知事の辞任要求決議を、野党などの賛成多数で可決した。米軍普天間基地(宜野湾市)移設にあたり、政府が申請していた辺野古沿岸部(名護市)の埋め立てを承認したのは知事選の公約違反だとして、野党会派から緊急動議が出されていた。

   報道などによると、沖縄県議会による知事辞任要求決議は初めて。賛成が24人、反対は21人だった。仲井真知事に辞職の考えはないという。

   決議に法的拘束力はないが、12日告示の名護市長選挙へ影響するとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中