離婚した西川史子、サンジャポで真相語る 「番組内での発言が夫を苦しめていた」

印刷

   女医でタレントの西川史子さん(42)が離婚を発表した翌日の2014年1月12日、レギュラー出演している「サンデー・ジャポン」(TBS系)で真相を語った。出演者陣からの茶化しに怒るもいつもの勢いはなく、心の傷の深さを垣間見せた。

   西川さんは1月11日、所属事務所を通じてファクスで協議離婚の成立を発表した。

「私が至らなかった。嫌われたんでしょう私が」

   10年2月に元葛飾区議会議員の実業家(39)と結婚したが、13年11月からは別居していた。年明けに離婚を決意し、1月11日に離婚届を提出したという。ファクスには、「『結婚とは、こうあるべきだ』とか、『夫婦とは、こうあるべきだ』と自分で結婚生活のハードルを上げてしまった私は、この4年間ずっと彼を苦しませてしまっていたのかもしれません」などと綴っている。

   離婚会見の予定はないものの、翌日には「サンデー・ジャポン」に出演し、心境を吐露した。MCの「爆笑問題」田中裕二さんから理由を尋ねられると、重い口を開き「私が至らなかった。嫌われたんでしょう私が。お互いに頑張ろうとしたんですけど傷つけあった」と目を潤ませながら語った。すれ違いは最初からあたっといい、どちらも浮気をしたことはなかったが、西川さんから別居や離婚を告げたという。

   太田光さんが「自分を責めることはない」と真面目なコメントでフォローしても「うるさいな!」と返すなど、余裕がない様子だった。モデルの中村アンさんが「幸せで牙が抜け落ちた西川先生よりは人を羨んだりトゲトゲしている西川先生の方が私は好きなので、おかえりなさいって言ってあげたい」とコメントしている間には、眉間にしわを寄せながら中村さんを見つめ、「昨日届けを出したばかりで皆さんが思っている以上に傷ついてるの。だからもうズケズケいうのやめてもらえるかな」と訴えた。

「番組で『夫が出てっちゃった』と言ってしまった」

   西川さんはこれまでに、「ストレス発散になるから夜中ずっと揚げ物してる」「夫が出て行ってしまった」などと、サンジャポ内で私生活を度々暴露してきたのだが、そうした自身のタレント活動も離婚につながったと振り返る。「私が番組で『出てっちゃった』とかって言ったことは、彼にとってはいろんな人から電話があって、そういうのでもすごく苦しめたみたいですね」と説明した。自分が本業である医者だけに専念していたとしたら、こうした状況にはならなかったかもしれないとも話した。結婚が決まった際には「サンジャポのおかげです」と嬉し泣きする様子が放送されたが、同じ番組での発言が夫婦仲にひずみを生んでしまっていたようだ。

   男性から「バカだなぁ」と言われるのが夢だったという西川さんだが、「守ってあげたい女性になれなかった」という。テリー伊藤さんに次に男性と付き合うとしたら、どうするのかと聞かれると、今度は最初からそうした面を出していきたいとして、前向きな言葉を口にしていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中