韓国雑誌が「被爆してない日本女性と付き合う方法」を謝罪 記事載せた中央日報日本語版に日本人から批判殺到

印刷

   韓国の男性雑誌が表紙に「日本女性とつきあう方法、被爆した子ではなく」という文を載せたため、不適切な表現だと韓国内の読者から指摘されたらしい。この雑誌の編集長は「度が過ぎた」などとし、韓国としては珍しく日本人に向けて謝罪をしたが、「こうなったのは日本のせいだ」などと謝罪とはいえない日本を愚弄するような内容だったため、今度は日本国内で怒りの声が挙がった。

   この記事は韓国の有力紙「中央日報」の電子版に掲載され、記事のコメント欄には日本から寄せられた抗議や批判が殺到している。

独島・歴史問題に正しい認識を持つ日本人に再度謝罪する

   中央日報の電子版と日本語電子版の2014年2月5日付けによれば、男性雑誌「MAXIM」が、14 年2月号に表紙に「日本女性とつきあう方法、被爆した子ではなく」と書いたため読者から不適切だと指摘され「MAXIM」は公式ホームページに、

「2月号表紙に、不特定多数の日本人に不快感を与え傷つけるような文を含めたことについて謝罪の言葉をお伝えする」

と掲載した。これは「日本のガールフレンドとつきあうこと」という本の紹介だったが、刺激的に脚色するつもりが度が過ぎてしまい、過度なわい曲をしてしまった、などと説明した。

   そして、これで終了すればいいのだが、次から、日本人の感情を逆なでする文章が続いていく。

「最近繰り返される日本の独島(日本名・竹島)関連の妄言や独島紛争化(ICJ提訴)、安倍首相の靖国神社参拝、慰安婦問題などを意識して日本への非難と嘲弄を込めることが思わず誤った方向に行ってしまった」

   さらに、

「韓国に友好的で、独島・歴史問題について正しい認識を持っておられる多くの日本人たちに再度謝罪する。愛情から叱責してくださった読者様にも感謝の言葉を申し上げる」

と続いた。

「頼むから民族ごと火星にでも移住してくれ」

   これを日本で読んだ人たちからは、この文章は謝罪の名を装った日本に対する挑発であり、韓国の誤った歴史認識を一方的に押し付けたプロパガンダだという意見が出て怒りが爆発、この記事を掲載した中央日報日本語電子版のコメント欄に抗議と批判が殺到。コメント数は14年2月6日の午後5時までに130を超え、

「日本人を侮辱しながら、謝罪文で言い訳をして再び侮辱する阿呆。韓国に友好的で韓国の捏造を信じる日本人にだけ謝罪するという無神経さ。これが、韓国人だ」
「どんな事柄でも『反日』につなげる記事を書く韓国4流マスコミには、呆れる」
「毎日、毎日こいつらのくだらん記事みてると疲れ果ててきた。頼むから民族ごと火星にでも移住してくれ」

などといった意見が出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中