同人作家「年収1000万円はザラ」本当なのか 専業も夢じゃないとネットで驚きの声

印刷

   今や市場規模700億円ともいわれる「同人誌」。作家の販路も多様化し、消費者も気軽に手に取れるようになっている。とはいえ、実際に売れるかどうかは実力次第で、同人誌販売だけで食べていくというのは至難の業だ。

   ところが、あるネットニュースの記事をもとに「年収1000万円の作家はザラ」「6000万以上は300人以上」といった情報が広がり、多くの人を驚かせることとなった。

「6000万以上は300人以上」?

   2013年夏、日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット84」(コミケ)には過去最多となる59万人が来場し、熱気に包まれた会場の様子はテレビのニュース番組でも取り上げられた。矢野経済研究所の調査によると、同人誌の市場規模は2011年度で690億円。即売会だけでなく、専門書店での委託販売やネット上でのダウンロード販売なども含んだ数字だ。同研究所は「ユーザー数の増加や流通チャネルの多様化」を考慮し、2012年度は716億円になるとも予測していた。

   同人誌が巨大マーケット化する中で、気になるのが同人作家の懐事情だ。作家の多くは「趣味の範囲」で活動しているため、大半は費用持ち出し、利益があったとしても印刷代や即売会出展費用などを引くとごくわずか。かなりの儲けが出るのは一部の人気作家のみで、それでも同人一本で食べていくほど稼ぐのは難しいというのが一般的な認識だ。ところが、インターネット上ではそんな認識を覆す「年収1000万円の作家はザラ」「6000万以上は300人以上」といった情報が広がった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中