JALが国際線乗客多数を成田に「置き去り」 大雪の混乱で搭乗手続きアナウンスできず

印刷

   首都圏が大雪に見舞われた2014年2月9日夜、複数の日本航空(JAL)の国際便が、多数の乗客を「置き去り」にしたまま成田空港を出発していたことが明らかになった。

   大混乱の中で搭乗手続き締め切りのアナウンスに手が回らなかったことが原因で、当然のように乗客から苦情が殺到する事態になった。国際便客の大量積み残しというのは、日本の空港では異例だ。

置き去りにされた人の数は算出が難しい

多数の乗客が「置き去り」になっていた(写真はホーチミン線に就航しているボーイング767型機)
多数の乗客が「置き去り」になっていた(写真はホーチミン線に就航しているボーイング767型機)

   この日は成田空港までの公共交通機関がすべて止まっており、空港は「陸の孤島」に。空港にたどり着けない飛行機の乗組員、地上職員も多かった。飛行機の出発のめどがたたなかったため、チェックイン手続きを一時中断していた。天候が落ち着いて出発準備が進んだ20時頃になって手続きが再開されたが混乱状態は続き、一部の便については搭乗手続きの最終案内を行わないまま出発してしまった。JAL広報部ではその理由を

「カウンターでは個別のお客さま対応が続いており、搭乗手続き終了のご案内が皆様に十分に行き届かなかったことがございます。また、成田空港や目的地空港の運用時間制限、航空法上の乗務員の乗務時間制限もあり、出発せざるを得ませんでした」

と説明している。乗客を置き去りにした便の数や、置き去りにされた乗客の数は算出が難しいという。空港までたどり着けずに便に乗れなかった乗客も多数おり、置き去りにされた人と切り分けられないからだ。

   置き去り客を出した便のひとつが、ベトナムのホーチミン・シティ行きのJL759便。本来は17時55分の出発予定が、約4時間遅れて22時17分に出発した。約50人が置き去りにされたという情報もあり、深夜まで乗客とJAL担当者との押し問答が続いたようだ。

お詫びを含めて4万円を配ったとの情報

   乗客への補償については、

「当日は、ホテル代金、交通費、食事代等でお詫びを含めてお支払をしたことは事実ですが、具体的な金額については詳細を差し控えさせて頂きます」

と説明。額については公表しなかったが、4万円が支払われたようだ。ただ、この対応が決まるまでに時間がかかったこともあり、納得した人は必ずしも多くないようだ。

   JAL広報部では、

「空港にいらっしゃったにも関わらずご搭乗頂けなかったお客さまがいらしたことについては、公共交通機関として大変申し訳なく、真摯にお詫びを申し上げます」

とコメントしている。成田空港からJAL便は毎日約50便出発しているが、2月9日は、そのうち37便が欠航した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中