籾井会長「どこが悪い発言」報道 NHK内部の不満分子のリークなのか

印刷

   NHKの籾井勝人会長が、慰安婦問題の発言について「どこが悪いのか」とNHK経営委員会内で述べたと朝日新聞が報じ、内部のリークではないかとの憶測が流れている。安倍晋三首相の考えに近いとされる人事に不満を抱いていることが背景にある、というのだ。

   朝日新聞の2014年2月19日付記事によると、「一定の節度を持って行動していく」と申し合わせた12日の経営委員会の最後で、ある女性委員が籾井勝人会長に質問したのがきっかけだった。

安倍晋三首相に近いとされる人事に不満?

NHK内部からのリーク?
NHK内部からのリーク?

   それは、発言騒ぎによる受信料の不払いリスクにどう対処するのかというものだ。籾井会長は、「営業が頑張る」と主張した後、こんな内容を述べたという。

「発言を取り消しているし、どこが悪いのか」「会見の記録全体を見てもらえればわかる」

   これに対し、別の委員からは、「そういう物言いはおかしい」と異論が出た。前回の委員会で籾井会長に立場を踏まえて発言するよう注意した浜田健一郎委員長は、ぶぜんとした表情で委員会を打ち切ったという。

   朝日の記事では、委員からは「会長は反省していない」「委員長が注意した意味がない」との声が出たほか、NHK上層部幹部からも「自分は悪くないという趣旨に受け止められても仕方ない」と批判があったとしている。

   NHK経営委員を巡っては、作家の百田尚樹氏の発言でNHKがキャロライン・ケネディ駐日米国大使から取材に難色を示されたと共同通信などが報じたことも話題になった。これは、後に籾井会長の発言も影響したと報じられている。今回の朝日記事とともに、このときも「複数の関係者」が明かしたとされた。

   情報の取材源について、真相は分からないが、ネット上では、NHKの経営委員や職員によるリークではないかとの指摘も相次いでいる。人事に不満がある関係者にとっては、リークが対抗手段になりうるからだ。

会長発言については、賛否が分かれる

   写真週刊誌「フラッシュ」の2014年2月4日発売号によると、安倍首相に考えが近いとされる籾井勝人会長は、極端に左寄りのNHK職員の情報を集めるように幹部に伝えたと、ある職員が取材に明かした。籾井会長は6月の人事でこうした職員を外したいのではないかというのだ。もっともこの話の真偽も全く定かではない。

   また、経営委員の百田尚樹氏は、1月14日の委員会で、尖閣や竹島の問題、靖国神社に関する東京裁判や在日朝鮮人・韓国人に関わることなど、歴史的課題などを知らせる番組があってもよいのではないかと発言していた。この発言については、韓国の大手紙「中央日報」は百田氏がNHKに制作圧力をかけていると報じるなど、波紋を呼んでいた。

   もしNHK内部からリークがあったとしたら、こうした経営委員らの言動を苦々しく思い、なんとか辞めさせたいという思惑があったのではないか――そんなうがった見方がネット上で出ているようだ。

   民主党の小西洋之参院議員は、ツイッターで2月1日、「私の知り合いのNHK職員の方々(記者、番組制作)から、NHK籾井会長を何とかして欲しいとの声が寄せられています」と明かした。また、依頼があったのかは分からないが、元NHK記者の井出庸生衆院議員(結いの党)は、2月13日の衆院予算委で、籾井会長に辞任するかどうかを質している。こうした情報も、リーク説が広まっている原因らしい。

   なお、朝日が報じた籾井会長の発言については、ネット上で賛否が分かれている。好意的な意見としては、「潰しに掛かってるのがあからさま過ぎ」「国民の理解が得られる事実しか言っていない」といった声が出た。一方で、「人選ミスだったとしか思えない」「国益の何たるかについて全く無知な人やわ」といった批判も上がっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中