「アンネの日記」破損問題、菅官房長官「きわめて遺憾」 ユダヤ人団体「速やかに犯人特定を」

印刷
記者会見に臨む菅義偉官房長官
記者会見に臨む菅義偉官房長官

   都内の図書館で「アンネの日記」や関連書籍のページが破られる被害が相次いでいる問題で、米国のユダヤ人人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が2014年2月20日(米国時間)、「衝撃と深い憂慮」を表明する声明を発表した。声明では、一連の被害が

「ホロコーストでナチスの犠牲になった150万人のユダヤ人の子どもの記憶を中傷する組織的活動を強く示唆している」

と非難。日本当局に対して、速やかに犯人を特定するように求めていた。

   菅義偉官房長官も2月21日夕方の会見で、

「本件が事実であるとすれば、我が国として受け入れられるものではなく、きわめて遺憾なことであり、恥ずべきこと。警察当局もしっかり捜査すると考えている」

と犯行を非難した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中