テレビで放送できない福岡版「だるまさんが転んだ」 カンニング竹山がびびりまくる

印刷

   地域によって名前の異なるものは多数あり、子どもの遊びの定番「だるまさんが転んだ」もそのひとつだ。

   日本の文化や風習を扱うバラエティ番組で、カンニング竹山さんが「だるまさんが転んだ」について触れ、出身地である福岡では「放送では言えない言葉になっている」と言い、ネットで話題になっている。

宮城は「車のトンテンカン」、宮崎は「キャベツの運動会」

   カンニング竹山さんが出演したのは2014年3月16日放送の「相葉マナブ」(テレビ朝日系)。嵐・相葉雅紀さんが司会をつとめる番組で、「日本の文化・風習を学べ 関東・関西でなぜこんなに違う」というテーマで放送した。

   関東と関西では1から10までを数える時のリズムが異なることなどを紹介し、大阪出身のお笑いタレント・コカドケンタロウさんが実際に関西流で数えて見せて、共演者のアンジャッシュ渡部建さんらを驚かせた。

   また関西では「だるまさんが転んだ」が「坊さんが屁をこいた」という名前で呼ばれると言い、鬼になって実演したコカドさんは後ろを向いてかけ声を出すときに、「坊さんが屁をこいた」と唱えていた。

   ゲスト出演した東京女子大学の篠崎晃一教授(社会言語学)は、

「地方によっていろいろあります。たとえば宮城だと『車のトンテンカン』。宮崎は『キャベツの運動会』なんです」

と解説した。言葉に意味があるわけではなく、「とにかく数が10になるように適当に組み合わせた」ものだという。

   それまで関西版の「だるまさんが転んだ」にびっくりした表情をしていた竹山さんだったが、「でもなんか申し訳ないのはさ」と語り始め、「僕が育った九州の福岡に行くともうね、放送では言えない言葉になってるの」とつぶやいた。

   そっと「福岡版」の言葉を告げると、共演者は「絶対ダメ」と口々に話し、放送では明かされなかった。

「九州北部はインド人のクロンボだよ」

   ツイッターでは「え~。福岡版『だるまさんが転んだ」知りたい!』「福岡ではどんな言い方なんだwww」などと書き込まれ、Q&Aサイト「Yahoo!知恵袋」にも、「福岡(九州)のだるまさんが転んだはなんて言うんですか?テレビでは、言えないことらしく、放送されなかったので知りたいです!」という質問も投稿された。

   ネットでは「九州北部はインド人のクロンボだよ」といった書き込みが多く寄せられている。「黒ん坊(くろんぼ)」は肌の黒い人種の蔑称で、差別用語にあたると判断されて番組で明かされなかったとみられる。

   「広島だけど、それ言ってたわ」「鹿児島もインド人の~です」という声もあり、九州北部以外でも使われていたようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中