ロシア編入・クリミアの検事総長が「美人すぎ」! ネットユーザー萌えまくり

印刷

   2014年3月18日にロシアのプーチン大統領が編入を正式表明し、ウクライナから独立する運びとなったクリミア自治共和国だが、意外なところで日本のネットユーザーが盛り上がっている。

   同国のナタリア・ポクロンスカヤ検事総長が「美人すぎる」というのだ。ツイッターなどでポクロンスカヤ氏に「萌える」という書き込みが相次いでいるほか、イラストを描いてアップする人もいて、とにかく大人気だ。

「制服とかドストライク」「キツい取り調べされたい」

「美人すぎる」と評判を呼ぶYouTube動画
「美人すぎる」と評判を呼ぶYouTube動画

   ポクロンスカヤ氏は33歳の女性で、14年3月11日に検事総長に就任したばかり。現地の報道によると、この12年間治安機関で働き、組織犯罪の捜査に携わった経験もあるという。

   そんなポクロンスカヤ氏が日本で話題になるきっかけとなったのは、3月11日にYouTubeに公開された記者会見の動画だ。

   この動画が3月14日、あるツイッターユーザーに紹介され、9000リツイートを超える話題に。「美しすぎる…本当かよ…」「制服とか色々ドストライクすぎて辛い」「キツい取り調べをされたい」などと書き込まれ、その美貌に打ちのめされた人が多いようだ。

   イラスト投稿サービス「pixiv」では、すでに「ナタリア・ポクロンスカヤ」というタグも作られ、記者会見の様子をイラストにしたものをはじめ、短いプリーツスカートをはいた全身イラスト、涙ぐみながら「総…総長だぞ!」と叫んでいる「萌えキャラ化」イラストなどが投稿されている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中