小保方氏「大人AKB48で歌手デビュー!」 朝日新聞デジタルの「嘘」コラムがネットで物議

印刷

   理化学研究所の小保方晴子氏(30)が歌手デビューする――。そんな「嘘」コラムが朝日新聞デジタルのサイト内に一時掲載された。

   有名人の架空の悩みを勝手に考え、勝手に回答するという連載コーナー「ウソうだん室」の記事で、2014年3月24日に掲載された。同日中に削除されたが、「Web魚拓」などから閲覧できる状態で、ネット上で物議を醸している。

デビュー曲は「人生切り貼りしちゃえるNO!」

記事は現在削除されている(画像はWeb魚拓のスクリーンショット)
記事は現在削除されている(画像はWeb魚拓のスクリーンショット)

   執筆しているのは、週刊誌やウェブメディア「サイゾ―ウーマン」などで執筆しているコラムニストの今井舞氏だ。旬な有名人の架空の相談に答えるという設定で、過去には、別人作曲問題が騒動になった佐村河内守氏や、なかなかアカデミー賞を獲れないレオナルド・ディカプリオ氏が「相談」しに来ている。

   3人目に登場したのが、「STAP細胞」論文不正問題の渦中にいる小保方氏だ。「小保方さん、『大人AKB48』で歌手デビュー!(うそ)」とのタイトルで、記事では割烹着姿の小保方氏の写真を掲載している。八方塞がり状態の小保方氏が今後の人生を考えたところ、アイドルグループ「AKB48」が現在募集している30歳以上の新メンバー「大人AKB」企画に応募しようという気になった、という内容で、「デビュー曲は『人生切り貼りしちゃえるNO!』」「あとは新垣さんに曲を作って頂ければ、話題性も十分かと」などと自虐ネタを盛り込んでいる。

   これに対し、今井氏はAKB案を「名案」と評価し、「あなたの本当の発見はこれだったのですね」と毒づく。

虚構新聞ツイッターも釈明に追われる

   記事が掲載されると、インターネット上では「これ朝日新聞デジタルに掲載して大丈夫なのか?」「朝日新聞、どうしちゃったの…」と困惑する声が相次いだ。「STAP細胞」の論文を巡る不正疑惑には、理化学研究所が2項目については不適切な取り扱いがあったと認めているが、悪意を持った改ざん・捏造という見方は否定している。現在も調査が続いている段階で小保方氏をこのように扱うことに、たとえフィクションだとしても違和感を持った人が少なくないようだ。

   批判が相次いだのか、まもなくして記事は削除された。現在は「お探しの記事は見つかりませんでした」と表示されている。だが、削除前に「Web魚拓」が取られていたため、削除後も多くの目に触れている状況だ。「これは品性を疑うな。どんな人生を歩んだらこんなことができる人間になるんだろうか」「これはゲスいぞ。小保方問題をおもちゃにするのは目に余る」など、筆者の今井氏に対する批判に加え、「朝日がこれを載せちゃうのか…消すなら載せるな、載せるなら消すな案件」などと問題視する声もあがっている。

   時事ネタを元にした嘘ニュースを配信しているサイト「虚構新聞」の記事と間違える人もいるようで、虚構新聞公式ツイッターアカウントは「現在お問い合わせいただいているウソうだん室:小保方さん、『大人AKB48』で歌手デビュー!は朝日新聞社のコラム記事であり、本紙記事ではありません。あらかじめご了承ください」と注意を促している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中