笹井芳樹副センター長、STAP現象実在に自信? 「説得力高い反証仮説見いだしていない」

印刷

   STAP細胞論文の共著者で、理化学研究所の発生・再生科学総合研究センター(CDB)副センター長の笹井芳樹氏が2014年4月16日開いた会見での大きな論点のひとつが、STAP細胞が実在するかどうかだ。

   笹井氏は論文こそ撤回する考えだが、STAP細胞そのものについては、検証を進める必要があるとの立場で、

「検証する価値のある合理性の高い仮説だ」

としており、かなりの自信を見せている様子だ。

STAP現象を前提にしないと説明しにくいデータがある

記者会見に臨む理化学研究所の発生・再生科学総合研究センター(CDB)副センター長の笹井芳樹氏
記者会見に臨む理化学研究所の発生・再生科学総合研究センター(CDB)副センター長の笹井芳樹氏

   笹井氏の論文とSTAP現象に対する基本的な立場は、

「信頼性が複数の過誤で大きく損なわれており、STAP現象の真偽の判断には理研内外の予断のない再現検証が必要」

というものだ。

   半面、顕微鏡ムービーなど、STAP現象を前提にしないと説明しにくいデータがあるとして、

「観察データに基づいて考えると、検証する価値のある合理性の高い仮説」

とも主張。STAP現象を検証するためには、反対の仮説を立てて検証する必要があるが、

「反証仮説の中で私にとって説得力が高いものは見いだしていない」

とも述べた。

ES細胞混入の可能性は「研究者として真っ先に考えること」

   ES細胞が混入しただけだという指摘については、

「ESの混入は研究者として真っ先に考えること。それでは説明はできないということを何度も考えている」

と真っ向から反論するなど、存在を否定する「証拠」は見つかっていないことを強調した。

   また、「STAP細胞はあると思うか」といった問いには、

「科学は(「信じる」「信じない」の)宗教ではない。あくまで『確度がどこまで高いか』という問題だ」

と切り返した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中