オバマ大統領、拉致被害者家族と面会 日米の連携を確認

印刷

   来日中の米オバマ大統領は2014年4月24日、東京・元赤坂の迎賓館で北朝鮮による拉致被害者の家族と面会し、問題解決に向けて日本政府と緊密に連携していく考えを明らかにした。面会には安倍晋三首相も同席。横田滋さんは、1977年に13歳で拉致された娘のめぐみさんの写真を見せたという。

   拉致被害者家族が米大統領と面会するのは06年4月のブッシュ大統領(当時)以来8年ぶり。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中