オバマ大統領「プルコギ」も褒めまくっていた 韓国紙「我が国は会食外交で日本に勝利!」

印刷

   オバマ大統領が国賓として来日した2014年4月23日に安倍晋三首相と東京・銀座の寿司屋「銀座 すきやばし次郎」で会食し、寿司が大好物で、「私の人生で最高の寿司だった」と絶賛したと報じられたが、韓国での会食でもこの調子の良さは同じだったようだ。

   「プルコギとキムチが最も好きなランチメニュー」であり、韓国料理を礼賛して旺盛な食欲を見せたという。中央日報は日本で出された寿司は半分しか食べなかったのとは対照的な様子だったと「会食外交」の勝利宣言をした。

エアーフォースワンの機内でも食べる

   韓国の有力紙「中央日報」の14年5月3日付けの日本語電子版は、オバマ大統領は14年4月25日に朴槿恵大統領と大統領府の青瓦台で会食をしたとき、韓国料理を礼賛して旺盛な食欲を見せたと報道した。箸使いが非常にうまく、チヂミにナムルや肉などの材料を一つひとつのせ包んでいただけでなく、食事の最後にはおかずとして出てきた和え物をご飯の上にのせて混ぜ、ビビンパを作って食したのだという。オバマ大統領が当選直後に李明博前大統領との電話会談で

「プルコギとキムチが最も好きなランチメニュー」

と語ったため、その料理は外せなかったという。また今回の会談では、

「私はプルコギが好きで、エアーフォースワン(米大統領専用機)のコック長にプルコギの料理法を習うように言い、機内でも食べる」

という話も披露したと書いている。日本での会食では出された寿司を半分しか食べなかったと海外で報じられたオバマ大統領だったが、今回の訪韓で韓国料理を楽しんだ姿は、前日の日本訪問当時とは対照的だった、などと「会食外交」の勝利宣言をした。

   どこに行ってもその国の料理を絶賛する「全方位」ぶりには頭が下がるが、実は日本の寿司に満足したのは本当のようで、一部報道では「半分残した」と報じられたが、菅義偉官房長官は会見でオバマ大統領は寿司を14貫食べたと発表している。アメリカからの長旅後の会食で14貫なら充分なのではないか、といった声が出ていた。今回の中央日報の記事に関し日本のネットには、

「プルコギが寿司に勝ったニダ!」
「オバマもおかしいよな。あんな事故の後なんだから、バクバク食うもんじゃないんだよ」

などといった意見が出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中