映画館「新宿ミラノ」「シネスク」「丸の内ルーブル」閉館へ

印刷

   東急レクリエーションは2014年5月13日、運営する映画館「新宿ミラノ」、「シネマスクエアとうきゅう(シネスク)」(東京・新宿区)を14年12月31日に、「丸の内ルーブル」(東京・千代田区)を14年8月3日に閉館する予定を発表した。

   理由について、新宿ミラノ、シネマスクエアとうきゅうは、入居するビル「新宿TOKYU MILANO」の老朽化と、近隣のシネマコンプレックスの出店による観客数の減少。丸の内ルーブルは11月30日で入居する「マリオン新館」との賃貸借契約の期間が満了になることをあげている。

   今後「新宿TOKYU MILANO」は、地区計画・歌舞伎町周辺再開発動向等を見極めつつ、事業性の検討を進めるとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中