「竹島は日米安保の適用外」 安倍内閣が答弁書を閣議決定

印刷

   島根県の竹島について、安倍晋三内閣は2014年5月13日、日米安保条約の適用対象外だとする答弁書を閣議決定した。新聞各紙が報じた。

   その理由としては、竹島は韓国が実効支配しており、「現実に我が国が施政を行い得ない状態だ」としている。答弁内容は、民主党の辻元清美衆院議員の質問主意書に対するものとして決めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中