細川元首相、体調不良で活動休止 時事通信が報じる

印刷

   細川護熙元首相(76)が脱原発を目標とする一般社団法人「自然エネルギー推進会議」の活動を当面休止すると、時事通信が2014年5月14日に報じた。記事によると、細川氏は近ごろ原因不明のめまいが続いていて、4月中旬にはJR品川駅で倒れて駅長室に運ばれた。歯を4本折り、唇を6針縫うけがをしたという。精密検査を19日に受ける。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中