水、落下、振動、極寒・酷暑に強い auの「ガテン系」スマホ、ファンから歓迎の声

印刷

   au(KDDI)は2014年夏商戦に向けてスマートフォン6機種を発表した。新機種には国内では珍しい「ガテン系」スマホが含まれており、ハードスペックなスマホを好むファンの間で話題になっている。

   ガテン系として注目されているのは、京セラ製「TORQUE(トルク) G01」。トルクは米国で業務用スマホとして発売されている。国内ではSIMフリー端末として今年に入って発売されたが、国内キャリアとしてauが初めて取り扱いを開始する。

米国は警察、消防などハードな職場で使われる

軍事規格もクリアする「TORQUE」(画像は京セラのプレスリリースより)
軍事規格もクリアする「TORQUE」(画像は京セラのプレスリリースより)

   トルクがガテン系として有名なのは、米国国防総省が定めた軍事規格「MIL-STD-810G」をクリアしているからだ。具体的には、30分間の降雨や浸水による防水試験、高さ約1.22メートルからの落下試験、1時間の振動試験、丸1日の日射試験、氷点下30度の極寒や60度の酷暑での各4時間の温度耐久試験などをパスしている。さらに塩水(5%)を丸1日噴霧後した後に丸1日乾燥させる塩水耐久性能、湿度95%でも10日間の動作が可能な防湿性能も持つ。

   トルクは京セラが米携帯電話大手スプリント・ネクステルに供給し、米国内で工事現場や警察、消防などハードな職場で高い人気となっている。頑丈さに加え、振動で音声を伝える独自技術「スマートソニックレシーバー」や大型スピーカーを搭載し、激しい振動・騒音下でも通話できるのが人気の理由だ。米国では「ヘルメットをしても相手の声を聞き取れる」と評判になっているほど。性能の高さに加え、シンプルなデザインも好感されているという。

アウトドア派の間でも人気高い

   auはかつて、カシオ製「G'zOne(ジーズ ワン)」という高い耐水性や防塵性を持つスマホを発売していた。しかし、カシオが2013年、スマホ事業から撤退。市場からガテン系が姿を消す中、スマホのタフネスモデル投入を要望する声は絶えず、auは「一定のニーズが期待できる」(関係者)とトルク発売に踏み切った。

   ガテン系スマホはアウトドア派の間でも人気が高く、auはジーズをさらに一歩進めたスマホを用意した。米国国防総省の厳しい基準に準拠したスマホで、「軍の人たちが使っても壊れない」(田中孝司KDDI社長)とアピールする。発売を受け、ネット上でも「こういうのを待っていた」「G'zOne難民の希望の星」などと歓迎する声が上がっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中