安倍首相の等身大フィギュアがお台場に 菅官房長官も「歓迎したい」

印刷
5月17日から公開が始まる安倍首相の等身大フィギュア。一般公開を前に、母校の成蹊大学で撮影された(The images shown depict wax figures created and owned by Madame Tussauds.)
5月17日から公開が始まる安倍首相の等身大フィギュア。一般公開を前に、母校の成蹊大学で撮影された(The images shown depict wax figures created and owned by Madame Tussauds.)

   安倍晋三首相の等身大フィギュアが2014年5月17日から東京・お台場の体験型アトラクション施設「マダム・タッソー東京」にお目見えする。歴代首相がフィギュアになるのは、吉田茂氏、小泉純一郎氏に続いて3人目。安倍首相の支持率の高さを背景に、一般の人からのリクエストも踏まえて製作が決まったという。

   菅義偉官房長官は5月16日の会見で経緯を聞き、

「そういうことであれば歓迎したい。ぜひ、総理に似た、普段の自然な表情のロウ人形になるといいと思う」

とご満悦だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中