「アイドルがのこぎりネタで客あおるの、流行るでしょ」 AKB握手会事件茶化したつけめん店主に非難殺到

印刷

   AKB48の握手会で起きた傷害事件の影響で、ネット上のAKBファンは通常より世間のAKB批判などに敏感になっている。

   そんな中、あるつけめん店主があろうことか事件を茶化すようなツイートを投稿し、AKBファンだけでなく多くのツイッターユーザーから激しい非難を浴びている。

「のこぎりって、凶器として中途半端じゃない?」

問題のツイート(削除済み)
問題のツイート(削除済み)

   話題の人物は、神奈川県と東京都でつけめんや油そばの店を展開する「つけめんあびすけ」の、「店主」を名乗る人物だ。

   2014年5月26日11時頃、突然

「のこぎりって、凶器として中途半端じゃない?」

とのツイートを投稿、そして立て続けに

「アイドルの2ショット撮影会で、厚紙か何かで作ったニセのこぎりを手にもって写真を撮ろうとするヤツが激増するな」
「ペンライト・サイリウムの代わりに、のこぎりを手に持ってライブ応援でいいだろ。のこぎり型ペンライト発売するべき」
「アイドルの現場でアイドルが『みんなーっ!のこぎりは持ってきてないよねーっ?(笑)』とあおる。これ、流行るでしょ」

とツイートした。

   2014年5月25日、岩手・滝沢市で行われたAKB48の握手会での事件で、犯人が使った凶器がのこぎりだったことを意識した投稿だと思われ、これを見つけたAKBファンらは「こ・・・これは面白くない・・・ドヤ顔ですべってる1番悪いパターンだ(苦笑)」「貴方みたいな店主の店に誰が来るの?AKB握手会傷害事件を茶化した阿呆なツイみて呆れてます」「あびすけ代表の発言ということでよろしいですね?拡散します」など、怒りのリプライを寄せた。

過去にクレーマーの実名晒しや東大入学アピールも

   店主は批判リプライも意に介さない様子で、

「ぜひ拡散してください。うちみたいな無名の店にとっては、プラスの広告効果しかないので(笑)うちも『のこぎり持ち込み禁止』と掲示したいと思います。物騒な世の中ですね」

とツイートし、さらにツイッターユーザーの怒りに火をつけてしまった。

   「頭おかしくないこいつ?言って良いことと悪いことくらい考えろよマジで」「被害あった子どもの親がお前のツイート見たときどれだけ辛いか考えろ ひどいわ」「たった1つの呟きで店潰れる時代だってこと分かってるのかな?この人は自業自得だけど路頭に迷うであろう店員が可哀想」など、より強い口調の非難が大量に寄せられる事態となった。

   夜になって店主は、

「ツイッターが荒れちゃってどうにもらないので、あと1、2時間ぐらいで当該ツイートを消そうかと思います。ツイッター炎上でつぶやきを消すのってどうなの?と思っていたんだけどさ、消さないままで放置するとアカウントが収集つかなくなんのね。いろいろ経緯を知りたい人は、適当に検索してね」(原文ママ)

と投稿、その後「通知みたいなもの?がどんどん入ってくるせいで、充電していてもバッテリーが減っていく状態なのよ」などと言い訳し、問題のツイート4件を削除した。

   その後も、過去の「とりあえず、嘘臭い言動は『おぼかた』と言うことにしよう。『おぼかたかよ!(笑)』みたいな使い方ね。結構使いやすいな」「コンビニで『金のビーフシチュー』とか『金の食パン』という商品を見かけた。パッケージが金色なだけじゃん」などというツイートや、メールでクレームを入れた客の名前やIPアドレスを晒したブログ、東京大学に入学したことを執拗にアピールするような発言などがネットユーザーに暴かれ、あらゆる角度から叩かれている。しばらく騒ぎはおさまりそうにない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中